本日は東京!

友人と東京ドームで野球を見て(都市対抗野球)、負けた腹いせにアキバに行って「メイドリクレクソロジー」(略してメイドリフレ…1文字間違えるとやばいですね)へ行ってきました。
これが…意外と…
詳細は後日!
刮目して待たれよ!

実のところ僕は…

先日、康生の某商店仲間の奥さんがこんな話をしてくれました。

そこのお店のお客様が、当店のことも知っていて、当店の発行する手紙や文章などをとても楽しく読んでいてくれたらしい。(でも、実際の僕を知らない状態でした。)
そこで、こんな文章を書いている実際の僕はさぞや「楽しい人」なのだろうと思って、ワクワクしながらリーガルにご来店されたら、意外とマジメだったというか無口だったと肩すかしをくらったと言われたのだそうです。

うむむ~
そのお客様には大変お気の毒ですが、実際の僕は「あまり口をきかず、恥ずかしがり屋なシャイなあんちくしょう」なのです。(いやいやそんなことないぞと突っ込みもあるかもしれませんが…)

もちろん、商売人たるものそんな状態じゃダメなわけで、営業時にはなるべく饒舌な程良いのかもしれません。
かといって、接客時にビタっ!後ろにとついてあれこれ説明するのも、むしろウザがられるのではないかと(少なくとも僕は外でそんな接客されたら5秒で店を出たくなる)思い、とりあえず、ご来店時にはあまり大げさなお出迎えをしないようにしています。そして、しばらくの間、意識はしつつもお客様を放っておく(という表現が悪かったら謝りますが)ことにしています。常連さんになったら相手の好みを考えながらスタイルを変えますけど…。

そして、お客様から声をかけられない限り、あまりこちらから話しかけないようにしています。接客スタイルとしてのんびり靴を見られる形をとっているのですね。
もちろん、お客様が説明を求めてきたり、どんな話題であれ話しかけてきたりしたら、知っている限りの知識で全力でお答えはいたしますが(例えば、エアバス社A380とボーイング社B787の将来性と経済効率なんて話題は可、でもカツオの一本釣りに適した漁期と仕掛けの作り方は知らないから不可)、それ以外はゆっくり靴をご覧下さいというスタイルです。

でも、それ以上に本当の理由は僕はやっぱり話しかけるのがヘタというか、ダメというか。よくスタッフからは日常会話でダメ出しされ、「いいかげんコミュニケーション講座とかそういうのに行きなさい」とか「話し方がなっとらん」と怒られます。
なんかやっぱりトラウマがあるみたいです。
だからこそ、この手の文章力が伸びるはめになったのかもしれません。

実際、人と接するときにはどちらかというと無口で会話にはなっていないものの、こういう文章は頭の中でいろいろ構成されています。実際にそれを考えていてもしゃべらないだけで…。もっとも、その中身をしゃべったところでよく「変だ」と言われますが。

ま、なんだかカミングアウトの時間になってしまいましたが、少しだけ深く突っ込んでくれると僕の不思議な思考の会話をお楽しみいただけます。かなりジャンルは狭いかもしれませんけど。次回作にご期待下さい。

最近は動画を見るならニコニコ動画ばかり

たまに聞かれるので、ニコニコ動画の見方を…
http://www.nicovideo.jp/

ニコニコ動画のトップページからとりあえず登録をしてください。
話はそれからです。
たぶん、最初は時間制限をして見れるというものになると思いますが、現在の状況は判りません。サーバーが増強されると、24時間いつでも見れるようになります。
ちなみに、私は登録してから2週間ほどで24時間見れるようになりました。

ニコニコ動画の何が良いかというと、そのコメント機能です。
いろんな人がいろんなことを書き込んでいます。
これでテレビや映画を友達とその内容について会話しながら見ると盛り上がる感覚が味わえます。もちろん、「内容に集中したいから話しかけんな!」というときは、ぽちっと一カ所押せばコメントは消えます。

僕は最初コメント無しで見て、面白い内容だったらコメントを出してもう一度見るとかしています。
見てると、コメントの方が面白いことが書かれていたりして、むしろコメントで爆笑できるようになります。一粒で二度おいしいのです。

さあ、わかりましたね。

では、まだ登録をしていない人はぜひやってみてください。
あ、ちなみに登録後は自己責任でご利用下さい。
著作権とか…ウイルスとか…トロイとか…私は何のことやらわかりません。
まあ、普通に使用している分には全く問題はないですが、書いておかないと怖いし。
私は何一つ責任を持たないということでひとつよろしくと。

こんなん初めて見た!

マジでインド人は凄いってかあなどれない。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm770024

この切れの良さ!グルービー感!
なんというか今までで一番すげえダンスシーンを見た。
スピード感、完成された動き、曲の秀逸さ。
どれをとっても一流のエンターティメントだ。
日本の芸能人でここまで出来る人はいるのだろうか?

そして、主役はオヤジなのだ。
どうみてもパパイヤ。良く言ってカナダのきこり。
でもなぜか何度も見ていると格好良く見えるから不思議

最初の30秒で度肝を抜かれること間違いなし。
何度も見たくなってしまう驚異の映像!
これがCGじゃないのが不思議な逸品なのだ。

本当に鳥肌物のざっつエンターティメント!なのです。

動画完璧!

お客様のHさんのおかげで、カメラで撮ったaviファイルの音声付き動画がエンコードできるようになりました!

そんなわけで、花火大会の(8月5日)の記事内にある動画ファイルも音声付きになりました。
なかなか迫力の映像ですので、ご興味のある方は再度ダウンロードしてみてください。
http://regalshoes.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_41af.html

休憩時間

当店はアルバイト募集中です。
なんなら正社員も考えてます。

当店の休憩時間は比較的自由というか、「寝る」なんてこともできます。
ただし、「布団は段ボール」です。将来的には畳完備(琉球畳とかいうやつ)としたいんですけど、とりあえず段ボールを用意しています。

もちろん、忙しいときには寝るのも難しいですけど、暇な時期なんてこんなもんです。

Imgp1631

一歩間違えると凄惨な現場ですが、そんなことはありません。

ちょっと前ですが…

岐阜県某所にあゆを食べに行ってきました。

Img_19972_2

これがうまいの、うまくないの…うまいんですけどね。

Img_19912

刺身…クセのない味わいはさすが鮎ですな。
Img_20012

天ぷら…これがまた…いくらでも食えそう

Img_19982

甘露煮…これはもう、頭から一気に食えるンダ

Img_1993_2

塩焼き…王道ですな。鮎と来たらコレを食わなければ…

Img_19862

ふと足元を見ると渓流が…
泳げるくらいにきれいな水です。
川の上のテラスで食べているのです。
やっぱ夏はコレだね!

帰りには足を水につけてみましたが、少々ムチャをしている人もいました。

Img_2020_2

ジーンズが乾くまで2時間ほどかかったようです。(^_^;)

新作が入ってきました!

いよいよ秋の新作が入ってきました。
甲子園をやっていようが、37℃を越えようが、秋です!秋物なのです!
Img_0734

カジュアルが中心ですが、ビジネス物もいくつか入っています。
3Eの軽くて柔らかいタイプのビジネスもあります。けっこ~イイカンジですよ。

私のイチオシは…
Img_0735

↑コレ!柔らかいし履きやすいし、何よりカッコイイ!
店頭で見たら納得しますよ~~!

昨日の花火大会

昨日の岡崎市花火大会は壮絶でした。
前半は良かったものの後半は嵐です。(^_^;)

そんななか、花火船に乗り込んで花火を上げていました。
花火船というのは江戸時代から続く岡崎の伝統行事で、菅生神社の氏子による手筒花火の奉納行事なのです。
それでは花火船ではどのようなことが行われているのでしょうか?

火の粉の降る中踊りまくるのです。

 「MVI_0623.avi」をダウンロード

じゃあ、踊っている現場はどうなっているかというと

「MVI_06252.avi」をダウンロード

これが、熱いのなんの!火の粉ばんばん降りかかってくるんですから。
手に持っている方もかなり熱いんですけどね。

手筒だけじゃありません。打ち上げもやります。

「MVI_0628.avi」をダウンロード

まるでイージス艦から打ち上げられるVLSのようです。
この下で踊るんですよおお…恐ろしいですね。

さらに、金魚と呼ばれる珍しい水中花火もやります。何でも三河地方伝統の花火だそうで。

「MVI_0638.avi」をダウンロード

しかし煙が凄いんです。周りじゅう煙だらけで、その中で閃光と破裂音。
どう考えてもこりゃ、テロの襲撃ですよ。まるで戦場のようです。

しかし、花火船とは別に花火大会が繰り広げられているわけで、ほとんどの観客は打ち上げ花火に集中しています。船の上の騒ぎなどはほとんど気にしていなかったりするのです。そして、なにげに花火船の場所も花火を見るには最高の場所だったりします。

「MVI_06312.avi」をダウンロード

最後は壮絶でした。雷と嵐のような雨風の中花火大会は続行します。
船は途中下船の命令が出ました。

「MVI_0639.avi」をダウンロード

この後、カメラの水没を恐れて撮影は出来ず。
ずぶぬれになりながら帰りました。

にしても…嵐のような夜だった。

最後に、嵐になる前の岡崎市の気合いの入った花火をどうぞ!

 

脳内メーカー

さて、今流行の(?)脳内メーカーをやってみました。
http://seibun.nosv.org/nou/

結果はというと…
http://seibun.nosv.org/nou/?p=%C8%F8%BA%EA%A1%A1%C0%B5%B5%AA

…ま、なんというか、けっこう当たっているようなそうでないような…。

成分分析(http://seibun.nosv.org/maker.php/uranai/)を見てみると…

あなたを作ってるものによる尾崎 正紀の解析結果

尾崎 正紀の92%は玉露で出来ています
尾崎 正紀の8%はおやじギャグで出来ています

そうかあ。僕はお茶で大部分が出来ていたのかあw