KIVAって知ってますか?

KIVAって知ってますか?

http://www.kiva.org/

KIVAとはスワヒリ語で「合意」とか「絆」という意味で、アメリカ・サンフランシスコで2005年に始まったマイクロファイナンスの仕組みです。マイクロファイナンスというのは、主に途上国の個人に超小口の融資をする金融のこと。2006年にユヌス博士がマイクロクレジット(グラミン銀行)でノーベル平和賞を授与されましたが、この仕組みに近いです。

でも、大きな違いはグラミン銀行はあくまでも銀行組織として個人に貸し出すというものですが、KIVAは、個人が個人に貸し出す仕組みをワールドワイドに展開したものです。つまり、我々がネットの決済システムを利用し、途上国の事業を始めたい人に貸し出すという仕組みです。貸し出す金額は1単位が25ドル(3000円弱くらい)から。

誰にどれだけ貸そうが貸し手の自由です。

もちろん、そのお金の返済状況はHPの画面で確認できます。KIVAの仕組みの良さは、寄付や援助と違って借りる側の人が誰か分かることです。

そして、その使用目的や進捗状況なども分かるようになっています。

例えばこれ

http://www.kiva.org/app.php?page=businesses&action=about&id=40610

ニカラグアのAgapito Herreraさんが675ドルの融資を求めていて、6ヶ月で返すことになっています。目的は自分の農業(米を蒔く)に使うみたいですね。現在までに300ドル集まっていて(3/27現在)、あと375ドルです。そして、左側にはAgapitoさんのもっと詳しい情報が書かれています。

画面の下の方には、貸している人(大抵は25ドルずつ貸している)の一覧が出ています。だいたい、先進国の人みたいです。決済はクレジットカードのネット決済の仕組みを利用し、この融資に関しては手数料が無料となっています。これはネット決済企業のPAY PALがKIVAの主旨に賛同した結果だそうです。

借り手(起業家)は提携先の機関を通じてKIVAからお金を借りるので、基本的な審査はそこが行います。だから、ある程度自信のある事業なので、現在までほとんど貸し出したお金の焦げ付きはなく、100%近くが返済されているようです。

この仕組みの良いところは自分の出したお金が誰にどのように使われていて、それが現在どのようになっているのかが一目で分かることです。そして、融資した人と借りた人がメールでやりとりができるようになっています。

また、お金はあくまでも貸し出すので、最終的には戻ってきます。それをまた再融資に回す人も多いようです。数千円のお金を誰かに有意義に使ってもらって戻ってくるってのはイイコトじゃないですか。

既に世界中で参加している人がいて、融資先はアジア、アフリカ、南米、東ヨーロッパなど。お金を貸す人もアメリカを中心に世界に広がっています。

KIVAを思いついたのはアメリカの元IT企業関係の人で、そのせいかサンフランシスコでは毎日仕事帰りにKIVA本部に寄っていくYAHOOやGOOGLEの人も多いらしい。

日本ではIT企業関係というとなんとなくうさんくさいイメージがつきまといますが、こういうことも見習ってやって欲しいものですね。

必要なのは数千円とクレジットカードと中学生程度の英語力です。日本人の参加者はほとんど居ないので、ぜひ、興味のある方はトライしてみてください。

キャンペーン中に届いた謎の箱

Img_1825

あえてリーガルウィークのキャンペーン中だっちゅうのに届いた謎の段ボール

いったい何かというと…

Img_1827

そう、先日注文したばかりのウゴウゴルーガおきらくごくらく15年!不完全復刻DVD-BOX(完全予約限定生産)です。

なんとAMAZONで60%OFF!定価29400円が11760円!
なんつーか…売れなかったのね。

総時間が1570分のDVD9枚組です。
全部見終わるまでに26時間…
バカだ…。

1分当たりの単価が10円を切っている!安い!これだ!と飛びつきました。

箱を開けてみましょう。

Img_1829

おお!ギザナツカシス!
テレビ君が~

Img_1830

箱から出してみました。なんかワクワクさせる~

Img_1832

テレビ君組み立て~
背中にDVD9枚組が入るようになってます。

これはイイ買い物したなあ、おい!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000NORDS0/

いよいよ桜が咲き始め~

Ts3e0206

近くの川ではぼちぼち咲き始めています。
春を実感できますが、花粉も実感できます。(^_^;)

今週末は見頃かな~?
花見の前に靴を買いに来る…なんて虫がいい話を期待中

Ts3e0207

やばい!

やばい!やばい!ヤヴァイ!
何がヤバイって、お客様来てくれない~
何が悪いんでしょうか?
僕がダメなんでしょうか?
まいりました。(つ_;)ぐすぐす

本日は暇なり~

誰か助けて欲しいなり~

午後5時…静かに時は流れ…

ああ、なんてこったい!
康生には人っ子一人歩いちゃいねえ!
ガッデム!

そんなときには焦っても無駄だというのは経験則から判っているので別のことをやって時期を待つという感じですが、それがこのブログだったりします。

先のエントリーですが…

もちろん、今朝もスタッフの皆さんからはゆっくり休んでくださいね~と優しく言われました。
ええ、決して冷たい視線なんかいただいておりません。
今朝のエントリーのあれはネタです。

間違っても、「まるで私たちが鬼か悪魔みたいな書き方じゃないですか!」と言われた訳ではありません。
本当に優しいんですよ。
心が温まります。
雨の日に段ボールに捨てられた子犬を拾ってくるくらい。
優しい人たちなんです。