NHKのドキュメンタリー

昨日、NHKのドキュメンタリーの追跡A TO Zというのを見た。
「安売り競争は何をもたらすのか?」というタイトルで、いわゆるデフレスパイラルを解説する内容だった。
http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/file/list/091128.html

特に槍玉に挙がっていたのはスーパーのプライベートブランド(PB)商品で、価格破壊はこれが主因だというスタンスだった。まあ、間違ってはいないと思う。PBにつられてナショナルブランドも価格を下げざるを得なかったし。

番組ではPBの商品作りについて取材していた。本来は国産原料で作っていた製麺屋が大手スーパーのPBを始めて、価格を下げるために工程を見直し、人員削減をし、社員の給料も下げてなんとか、かつかつだったところを、スーパーに販売協力金を吸い上げられて赤字になったみたいなことを取材していた。恨み節ではないが、コレが現実だ!みたいな。

パックタイプのドリップコーヒーを1杯20円以下で販売できるようにするために、スーパーのPB開発担当者がメーカーに直に掛け合い、コストを下げさせて、さらに豆の増量を要請する。メーカー側は「当社の努力で何とかします」と言う。

番組では一切言わなかったが、「当社の努力」って、給料を下げたり、工程を見直すだけじゃないんじゃないか?「国産の原料にこだわっていた製麺所でした」と過去形で暗に語っていたが、「原材料の見直し」も入っているだろうと思われる。
その結果、値頃感も安くなって、それに大手が圧迫されて、大手も価格で対応するために(小回りがきかないから手を付けやすい原材料費を圧縮して)安価で質の劣る材料を使用してもの作りを行う。そのうちに、良い材料を使ったおいしいものが手に入らなくなってくる。(もしくはもっと割高になる)というスパイラルも同時に発生する。

それが消費者の望んでいることなんだろうか?
消費者の要求を最大限に満たしたことになるのだろうか?

番組ではデフレスパイラルについて言いたかったからその部分については何も言及しなかったが、これも実は大きな問題だと思う。

この場合、一番の問題は商人だと思う。努力の方向性が違うのだ。

本来なら、商人は「この商品がこの価格なのは生産者がこの品質と味を維持するためにこういう努力をしているんですよ」「この商品がこの価格なのは~だからです」という説明をお客様に伝えなければいけないと思う。
それが納得できれば多少高くても買うという人はまだ沢山いると思うのだ。
良いものを良いと認知できないお客様が多いのなら、(少々不遜な言い方だけど)お客様を教育して、本当に良いものを伝えるのも商人の役割だと思うのだ。

だって、僕ら知らないんですよ、全然。A社のサラダドレッシングとB社のサラダドレッシングの違いを50円くらいの価格差があったら、知らなかったら安い方を買うけど、知り合いから「A社の方が全然うまいよ」と言われたら何割かの人が50円高くても買うんですよ。もし、お店の人と私たちが良い関係を築いていたら、同じように50円高くても言われちゃったら買うと思うんですよ。でもお店の人はほとんど教えてくれないんですよ。じゃあ、50円安いほうがいいやとなるんですよ。

確かにただ安ければ良いという人は増えているのかもしれない。
そして、物理的に安いものしか買えないという人も増えているのかもしれない。
でも安いということは何かを引き替えに安くなっていることが多いのも事実。そして、それが従業員の給料だけではなく、質や安全を引き替えにしている場合もあると思うのだ。

それらをお客様に伝える努力をすること無しに、ただ「消費者が安いのを望んでいるからどんな手段でもいいから安いものを作れ」というのは商人としていかがなものかと、零細商人の私は思ってしまう。

もちろん、PB作りに携わる人の仕事をけなしている訳ではないですよ。
彼らも信念をもって仕事に取り組んでいるのならそれはそれで良いと思う。ただ、そういう疑問を持たれないような仕事をして欲しいし、画面上ではそういう疑問しか浮かばなかったのは否めないのです。

こういうのを見ると、きちんと自分の扱っている商品を説明できるプロのお店というのがどんどん無くなっているから、こういうことになっているんだろうなあと暗い気分になってしまいます。はあ…。

本日の入荷

正確には昨日の入荷なんですが。
Img_1938

カッコイイ!これはいいっすよ。
個人的にはこの冬のイチオシカジュアル靴です。やっと入荷しました。
実はリーガルの専門店先行発売商品です。(通常は来年春発売です)

価格は16,800円!オールソール(底の貼り替え)もできます。
店頭でチェックだ!

本日のいただきもの

某お客様から時々いただくコルネ!

Img_1940

これがまたうまいんです!
今まで食べたコルネの中ではベストかも。
クリームは軽くて、パイ生地もあっさり目でいくつでも食べられます。

でもどこで売っているか(店名すら)教えてくれないんですよね~。
謎が多いコルネなのです。

おお!こんな会社が!

月極定礎ホールディングス!
http://gekkyoku-teiso.info/

日本中の駐車場の大半を持つと言われる月極グループと、日本中のビルの大半を建てていると言われるあの(株)定礎がいつの間にか合併していたんですね
ところで、会長はどこかでお見かけしたような…。

2014年度の営業利益20兆円って、トヨタいくつ分だ?
これなら小さな国が毎年買えますね。

一応言っておくけど、笑って済ませるようにしてね。

昨日「熱中時間 鉄分補給スペシャル」を見た

何の気の迷いか録画しておいたやつを見ました。何というか、予想通りこゆい番組でした。
100人の鉄道ファンをスタジオに集めてって、どんな罰ゲームかと。
なんつーか、こゆ過ぎ。
http://www.nhk.or.jp/nj/tetsu/index.html

スタジオの香ばしさがお茶の間に漂ってくる!さあ、アナタもこの香りを存分に楽しんでくださいというNHKのスペシャルサービス。少々過剰なまでのサービス精神を真っ正面からガツンと受け取りましたよ。

予想通りというか、予想以上だったのは、鉄道写真を撮りまくる中学生なんてのはカワイイもんで、そんなレベルじゃ大NHK様も納得しない。

「列車のトイレタンクのみを撮影しまくる中学生」でないと。

で、この子が登場するとスタジオが大盛り上がりの大コーフン!なんなんだいったい??
トイレタンクでないとダメなんだって。車体には一切興味がない。
おいおい、大丈夫か?学校でいじめられないか?

で、この子のためにNHKではスタジオにトイレタンクを持ってこさせたら、その子大コーフン!大喜び!いや、良かった良かった。NHK的にはちょっといい話になったし。
休憩中に100人の鉄道ファンもトイレタンクの撮影に余念がなかったみたいだし。
皆満足して良かったね~と。

僕も見ていて、ある意味コーフンしたよ。まだまだあっちの世界も奥が深いなあと。僕にとっては彼岸の向こうよりも遠い世界だけど。

いや、まったく良い番組を見させてもらいました。

これからもNHKにはぜひ受信料を払っていきたい(てか、自動引き落としだから逃げられないけど)と思います。

本日のおやつ!

ちゃららっちゃちゃちゃ、ちゃららちゃっちゃちゃ

本日のおやつは「りんご春巻き~」

用意するもの

りんご
シナモン
佐藤 砂糖
春巻きの皮

Img_1911

まず、リンゴジャムをつくります。
リンゴを剥いて子猫のネコ耳くらいのサイズに切ったら、シナモンと砂糖を好きなようにぶち込んで煮込みます。20分くらいでしょうか。

Img_1913

生とジャムの中間くらいのところで火を止めます。完成時に何となく歯ごたえがあった方が好きな方は生っぽいところで、ふにゃふにゃが好きな方はジャムっぽいところまでひっぱるなど各自創意工夫奮闘努力せよということでお願い致します。

出来上がったジャムのようなものを市販の春巻きの皮で巻きます。Img_1914

巻く際に「げへへへ、簀巻きにして沈めちゃるぜ」などと言いながら巻くとその手の人に逮捕される可能性がありますので、言葉を選びましょう。

Img_1916

いよいよ油に投入です。油の温度は指を突っ込んで「いやあああああっ!熱いいいいいっ!」となった頃合いがベターでしょう。

Img_1917

今回は熱がりの人の指を使ったため温度が低く、入れた瞬間にじゅわ~という感じにはなりませんでした。なんとなく気の抜けたコーラに炭酸のぷつぷつ泡が付く位の速度で揚がっていきます。

Img_1919

それでも時間をかけてみると揚がっていくもんで、なんとなく春巻きになっていくのが不思議です。ちなみに春巻きは英語でSpringRoll…そのまんまやないかい!と突っ込みたくなる見事な直訳です。きっと最初にコレを訳した英国人は酔ってめんどくさかったんでしょうね。

Img_1922

いただいてみます。

Img_1924

Img_1935

とってもおいしいです。