今年の当店の営業は終わりました。

今年はいろいろしんどい年でしたが、その分勉強させてもらった年でもあります。
脳みそ沸騰するほど毎日考えていましたからね。
実際、すぐに沸騰する脳みそなので大した成果までは至っていないのが残念ですが。

それにしても、なんとか年末まで来ることが出来ました。
それもこれもお客様が来てくれたおかげです。
本当にありがとうございます。

また、たくさんの差し入れをお客様からいただきました。
こんなに頂いていいのかというくらい。
私たちは幸せ者です。お客様におやつの心配をして頂いているのですから。
え~、なんというか、来年もよろしくお願いいたします<(_ _)>

さて、2010年。
大きな変化が起きる年だそうです。
2009年もずいぶんだとは思いましたが…。それ以上なんだろうか。
外の変化に負けないように自分たちも変化しないと生き残れないだろうなあと思います。
2010年も今までにないお店を目指していろいろやっていきますので、ぜひ応援をお願い致します!

2009年12月29日 
19時43分
お店で新年お蔵だしセールの準備をしながら
リーガルシューズ岡崎店 スタッフ一同

今年もあと4日

某取引先からニュースレターが届きました。いきなり「新年明けましておめでとうございます」などと書かれておりましたが、まあフライングは良しとしましょう。

その会社の社長がなかなか面白いことを挨拶文で書いていました。
以下に転載します。

…前略…
さて、最近いろいろな場所で「売れていない」「売れなくなった」ということをよく聞きますが、なぜ売れていないのか?ということになると、大抵は「景気が悪いから」「売れるものがない」とかいう答えが多いです。しかしこれでは解決策はありません。

不景気だといっても国内総生産や国内総支出はわずかでもプラスに転じているということです。ということは、悪いという声があるにもかかわらず一方で同じ規模の売れている分野があるということになります。

先日もある喫煙具メーカーの人が「喫煙人口が減ったからライターが売れなくなったでしょうか」と言われていましたが、そうではないと思います。私は喫煙しますが、ライターはここ数年買ったことがありません。引き出しの中に使い捨てライターが山ほどあり、Zippoなどの金属ライターでも10個くらい所有しています。

つまりもう買う必要はないのです。どんなものでもそうですが、今既に所有しているものと同じような機能のものならばいくらお金を持っていても買うことはありません。
「もの」というものは形に残る「もの」もあれば形に残らない「もの」もあります。生活が豊かになると必需品と言われるものから「楽しさ」「感動」「経験」を与えてくれる「もの」へ、さらには自らが与えていくことに興味や価値観が変化して行くと言われていますが、まさに今の日本の消費傾向は新しい生活価値へ進化しているのではないかと思います。

物質としての「もの」だけのニーズは確実に減少し、精神的な充足や感動を求める人や世代が増加していると考えられます。そういう意識の変化にビジネスが適応するには従来と同じ種類のものを売ることから変わって、今までに無かった「もの」を売るか、または「もの」を使って新たな体験の場やサービスを創造していくことかも知れません。

…後略…

これはいわゆるエクスペリエンスマーケティングとか体験価値とかいうお話になると思います。でもこれは言うのは簡単だけど実践は難しいんですよ。
ウチも何年も前から意識して取り組んでいるけど、演出力が足りないせいかまだまだです。ただ、間違いなく世の中の流れはこちらに行くと思いますので、難しいで止めることなく取りくみ続けていくつもりですが。

来年も「面白い」、「他にない」、「楽しい店」を作るためにいろいろ考えていくつもりです。

先日いただいたフォアグラですが

調理法ですったもんだしておりましたが、無事にいただくことができました。
とりあえず、ネットで検索して、いろいろ悩んだ挙げ句、軽くソテーで良いんじゃない?ということで満場一致。
下にブイヨンダシで煮込んだ大根を敷いて、ソテーフォアグラをいただきました。

Img_20062

(左の方がフォアグラソテー、右がもつ鍋)
んまい。さすが世界三大味覚。

さて、続いてホテルザッハのザッハトルテ
Img_2009

ヨーロッパのお菓子なので激甘かと思いましたが
これがコーヒーにばっちり合う程度の甘さで、中に染みこませたアプリコットジャムが絶妙でした。

Img_2011

食べてるところの写真を撮るのも忘れて食べちゃいました。
んまい!

これは小沢氏…詰んだか?

数々の政治献金疑惑がありすぎてもはや何がなにやら状態の小沢氏ですがこれでも何となく続いていくのが民主党政権なのでしょうか?
自民党政権時代に自民党の代議士がこれをやっていたら明らかに「疑惑のデパート」と連日追求されていたでしょうに。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091227-00000001-maip-pol

なんか治外法権の取り決めでもあるのかしら。