いよいよ明後日!市場真理子の究極のモテ男講座が行われます!

市場真理子の究極のモテ男講座とは、相手に気遣いをするということとはどういうことなのかを解説してくれる講座です。

一般に言われる女性の理想の男性像はいわゆる3高。

高身長・高収入・高学歴ですが、本当にその3つだけがあればいいのでしょうか?

見た目も良くて、ちゃんとした企業に務めていて、別にどこにも問題がないのに、なぜか縁がない…という人も世の中には多いのです。いえ、あなたがそういう人だというわけではないですよ。

逆に、その3つの条件が必ずしも揃っていなくても(極端に言えばひとつもなくても)、モテてモテてという人も少なくありません。

その違いは何?どうすれば、女性の好感度を上げることが出来るのでしょうか?

本当はちょっとしたことなのです。

このテクニックは奥さんやお付き合いする相手にだけ有効というわけではありません。

会社内の女性(上司や部下)との関係を円滑にしたい。

取引先の会社の女性に好感をもってもらいたい(これって、営業をやったことのある人ならどれだけ大事なことか分かると思います)

いや、女性だけではなく、実は男性にも有効なのです。(あの…性的な意味ではなく、好感をもってもらうという意味ですが)

ぜひこのシンプルで、でも仕事や日常生活で大いに使えるテクニックを知りたいと思いませんか?

いよいよ明後日です。まだ、若干席が開いております。詳細はリーガルシューズ岡崎店(0564-23-9261)または、下記のページからどうぞ~

http://shop.moonlight-regal.com/mote2012.html

昨日は久々に都市対抗野球を見に行った。

昨日は都市対抗野球の東海地区予選の試合に行ってきた。いわゆる社会人野球ですね。

岡崎市民球場でこの時期恒例の大会です。恒例といってもごく一部の関係者にとって、という感じで、ほとんどの方はそんなのをやっている事自体も知らないと思いますが。

実際、見に来る人はほとんど企業関係者かよほどの好きものだけですしねえ。僕は後者。

http://www.jaba.or.jp/taikai/2012/toshitaikou/pdf/tokai_2.pdf

都市対抗野球は昨年が中止だったので、久しぶりですね。で、昨日メインで見に行ったのは、三菱重工名古屋対東海REX

まあ、そう言われてもほとんどの人はふ~ん、そうですかって反応だと思います。

東海REXは元の「新日鐵名古屋」ですが、企業野球チームが解散して、市民球団として残ったというチームです。

試合は、初回のREX側のピッチャーの制球の乱れを利用して4点を取った三菱名古屋が着々とその後も点を取り8-0で勝利するというやや大味な試合となりました。

今年もう一回くらいは見に行きたいなあ。次はぜひ三菱自動車岡崎の試合を見に行きたいです。

リーガルなどの革靴のちょっとした傷にはクリームを塗るだけでだいぶ違うんです

外を歩くと靴にはちょっとした擦り傷ができたりします。まあ、外を歩くものだから仕方がないといえば仕方がないのですが、ちょっと擦ったくらいの傷ならクリームを塗ればだいぶ回復します。

例えば

P5270234

こういった擦り傷なんかは、クリーナーで拭いて、靴クリームを縫ってみてください。

ほんの30秒ほどで簡単にできます。

P5270236

ね?どこに傷があったかわからないくらいでしょ?

これはヤラセでも何でもないですよ。

革の種類によっては回復しづらいものもありますが、靴クリームは塗らないよりは塗ったほうが確実に良くなります。それに靴が汚いと履いている人も汚く見えるので、簡単なお手入れくらいはやっておいて損はないです。

ご希望の方にはお店で靴のお手入れの仕方を説明いたしますので、お訊ねくださいね。

お客様から菌を頂きました~

今朝、お客様がわざわざ持ってきて頂きました。

P5270231

通常オリゼー

P5270232

オリゼー虫歯菌コスプレバージョン

だいぶ店内に菌が増えてきました。

あなたはいくつ見つけられるかな~?

市場真理子の究極のモテ男講座があと1週間後に迫って参りました!

市場真理子の究極のモテ男講座in岡崎がいよいよ6月2日(土)に行われます!

昼の部は、岡崎中央図書館りぶらにて「究極のモテ男講座2012」として、モテ男はなぜモテるのかを徹底的に解剖し、そのノウハウを伝授します。

夜の部は場所を変えて隠れ家レストランの「ビストロプペ」(りぶら徒歩5分)にて、モテ男はレストランでどのように振舞っているのかを徹底解説します。

モテる男は偶然顔がいいからモテているわけではないんです。ちゃんとモテるツボを抑えているからモテているんです。

そして、大事なことは女性にモテる男は取引先にもモテます。仕事も異性関係も順調なのがモテ男の特徴なのです!あなたも、その貴重なノウハウを知りたいと思いませんか?

まだ席がいくつかございます。お申込みは、リーガルシューズ岡崎店(電話0564-23-9261 10:00~19:30)または、下記のモテ男講座ページからお申し込みください。

http://shop.moonlight-regal.com/mote2012.html

スエード革の汚れ落としの仕方

もうだいぶ暖かくなって来ました~。冬に履いたスエード靴を既に片付けた人も少なくないと思いますが、しまう前にちょっとだけスエードの汚れ落としをしてみましょう。

100%新品のようにとはいかないですが、たった数分で半分くらいは汚れやシミが落ちますので、お試しください。

P5240214

たいていの明るい色のスエードは気をつけていてもこのように汚れがついてしまうものです。基本的にスエードの手入れはブラッシングと防水スプレーで行うのですが、 付いてしまった汚れはブラッシングではなかなか落ちません。

P5240217

そこで、その場合はまずブラッシングをして泥や埃を落とした後、スエード・ヌバックラバークリーナーで汚れた部分を消しゴムのように擦り落としてください。強くやるとせっかくの起毛革も削れてしまうので、優しく丁寧にこすります。

P5240219

その後、ブラッシングをして毛並みを揃えます。どうです?最初の写真より汚れは落ちている感じがしませんか?

P5240223

最後に防水スプレーをして終わりです。

しまう時は、靴の中に新聞紙をティッシュでくるんで入れておいて、冷暗所で保管してください。シューツリーでも悪くはないですが、バネタイプのシューツリーだと長期間入れておくと靴が伸びることがあります。

時々(2~3ヶ月に一回)取り出して、ブラッシングをしてあげると完璧です。

ちょっとしたお手入れで靴は長く履けるようになりますので、ぜひお試しください~

市場真理子の究極のモテ男講座2012を6月2日に開催します!

http://shop.moonlight-regal.com/mote2012.html

今や、大人気で全国で開催実績のある市場真理子の究極のモテ男講座が岡崎に帰って来ました!今回は、昼の部「市場真理子の究極のモテ男講座2012」と夜の部「究極のモテ男講座レストラン編」の2部構成で行います。

昼の部は4000円、夜の部はビストロでの食事付きで7000円です。(両方参加の方は1万円でOK!)

過去に参加された方からは「とても参考になった」「目からうろこの話だった」「早速自分の嫁さんに試したところ、すごく喜ばれて夫婦仲も良くなった」などの声が上がっています。

普段モテている方の受講者も、「女性だけじゃなく、仕事でも多いに役立つ」と言われています。

貴方の人生を変えるかもしれない「究極のモテ男講座2012」です。

得られる情報を考えたらこの料金はかなりお得プライスです。(夜は美味しい食事も付いていますし)

まだ席は若干ありますので、お早めにどうぞ~

Img2

http://shop.moonlight-regal.com/mote2012.html

リーガルシューズ岡崎店の七夕の短冊に願いを書こう!

本日5~6歳くらいの小さな女の子が短冊に願いを書いてくれました。

P5200213

「けえきやさん」

いいですね~。なんか味がある。

今でもケーキ屋は女の子の夢なんですね。

その隣りの、「アイスクリームやさんになれますように」というのはその子の妹さんの分をお母さんが書いたものです。

ケーキとアイスクリームはちびっ子の大好物ですよねえ。

ちなみに、右隣の「美味しいものが食べられますように」は某大きな女の子の夢のようです。いえ、誰とは言いませんが…

婦人バッグのMezzo追加入荷しました!日本製で革製で割安なんです。

P5200212

結構質感もしっかりしています。入れ口はファスナーがついているので、中から荷物が溢れることを防いでくれます。

幅最大28cm×高さ24cm 日本製 本革製 12,600円(税込)

P5200210

革メッシュのハンドルがおしゃれなバッグです。底にきちんと鋲も打ってあり、細部に手を抜いていないことがわかります。底のマチ幅は10cm、幅37cm、高さ25cmと、A4ファイルサイズがちょうど入る大きさです。本革製で価格は12,600円(税込)

メーカーでも少量しか作っていないのでお早めにどうぞ~

水曜日に知多半島の先端の篠島に行ってみたので写真をアップしてみる

先日、天気が良かったのと、せっかくの代車のプレミオに乗る機会なので高速での性能を見たかったというのでちょっと知多半島まで足を伸ばしてみた。

半島の先端の師崎についたところで、持っていったカメラにSDカードを入れていないことが判明。アホや…。しかたがないので携帯で撮影することにする。師崎から高速船で10分の篠島に向かう。

Dsc_1313

波も穏やかで、快適。とはいえ高速船なので、波がビシビシかかる。でも船内に行くと酔いそうなのでデッキで海水をかぶり続ける。

Dsc_1314

篠島に到着。ほとんど道を歩いている人が居ない。

Dsc_1315

某所でしらす丼を食べる。うまい。でも写真は撮っていないけどね。

Dsc_1319

海の向こうの陸地は渥美半島ではないかと推測。

Dsc_1321

砂浜に行くものの、このような季節外れに観光客は居るわけもなく、ひたすら静か。波の音だけ。

堤防では地元の中学生が授業の一環か、大勢ジャージ姿で釣りをしていた。でも、中学生とか写真に撮ると何を言われるかわからないので、携帯カメラと言えども向けられない。窮屈な時代になったもんだ。

Dsc_1323

海は思った以上に青く、沖縄の海といっても信じられそうな感じ。いいぞ!

Dsc_1326

島に来たらネコを撮らなきゃ。でもあまり見かけなかった。こんな時、望遠レンズ付きのカメラにSDカードを入れてこなかったことを悔やむ。

Dsc_1328

島は狭くてアップダウンがある小道が多い。海岸線からちょっと上に登ると、とても車は入れない道だらけになる。だから、島の人の主な足はスクーターになる。島はスクーターだらけ。

人家密集地帯は裏小道がやたら発達している。迷路みたいな道が続くが、写真は撮っていない。これはちゃんとしたカメラで撮りたいと思った。

Dsc_1332

帰り、師崎から3キロのところにあるエビフライで有名なマルハ食堂の駐車場に居たネコ。

やはり海の近くだとネコもふてぶてしく堂々としている。

こういうのっていいなあ。