プロスタイリストの末廣徳司さんの講演が今週末に行われます。

Bb_business201211 http://shop.moonlight-regal.com/SBS.html

ビジネススタイルなんて、清潔にしてれば問題ないと思っていませんか?

清潔は最低条件!でも、できるビジネスマンはさらに上にいるのです。

デキる、デキないを決めるのはほんの細かいことだけどとっても大事なこと。

周りからも信頼され、仕事ができると誰もが認めているビジネスマンは皆知っていることです。

新入社員から部下がたくさんいる人まで、知らないじゃ済まされない、本当のビジネススタイルをご説明します。

詳細は

http://shop.moonlight-regal.com/SBS.html  から

講師は、芸能界、アスリートなどにも人気で、某有名ブランドが日本でスーツを展開する際の専属コンサルタントにもなっている末廣徳司氏です。

必ず役に立つ、大人が知って置かなければいけない大事な講座です。

ぜひ、ご参加をお待ちしております!

人に見えないものが見える人はプロと呼ばれると思う。(反論歓迎)

プロとは、素人には見えないレベルの細かい部分の違いが見えて、常に最善な方法を取ることが出来る人のことだと思う。今回の東京出張で痛感した。

プロのバーテンダーは同じ酒、同じレシピでも、「最適な作り方」でカクテルを作ることができるという。素人から見れば、同じ酒で同じ分量で作れば誰が作っても味は一緒だと思うが、シェイクの一振り、ステアの一回しで味が全く変わるという。その違いをきちんと把握し、一番美味しく作ることが出来るバーテンがコンテストで優勝する。
もちろん、これはプロの読み手がいないと意味のないことだけど、そういう味の読み手はちゃんと存在する。

こういうことはけっこうあちこちのジャンルであったりする。

そばづくりの名人は粉と水の配合をその日の気温、湿度で微妙に変え、指先でその違いを検知する。そしてその微妙な味の違いを見分ける客がいる。

落語も喋ることはいつもの同じ「噺」だが、噺家によって全然印象が変わる。名人上手と言われている人はその違いをきちんと、(その日その日のお客様に合わせて)安定して出せる人であり、そして、プロの聞き手がその違いをきちんと受け止める。

ファッションでも同様で、スタイリストの末廣さんは、街を歩いていて、この人はデキる!と思うファッションをしている人は一日に数人も居ないと言っていた。(ちなみにそういう人に出会う確率は東京が一番多いそうだ)もちろん、一般人たる我々にはその違いすらもさっぱりわからないけど、分かる人には分かる世界がそこにある。そして、常に読み手をうならせるような最適な服装をしている人は存在する。

何が言いたいかというと、そういう人たちは、恐らく一心不乱にそのことに取り組んできた人たちだろうということ。「出し手」も「読み手」も何年、何十年と真剣にそのことを考え続けてないとそのレベルに到達しない。その人達は漫然と酒を飲み、漫然と服を着て、漫然と遊んでいる我々には死ぬまでわからない世界に住んでおり、その世界は一般人には見えないけど厳然と存在する。(ちなみに、一度何かでその世界を知ってしまうと他のジャンルの見えないものも見えやすくなるような気がする。到達が早いというか、何かでプロになった人は他のジャンルでもプロ並みですねと言われることが多いような気がするけど、多分コツを掴んでいるのだと思う)それをスキルと言うのなら、1つのスキルを身につけた人は、2つ目、3つ目のスキルは容易に修得する感じ。

僕はこの歳になって、どのジャンルであれそのような世界を垣間見たことはない。残念ながら何のプロにもなれていない。多少は何かに「詳しい」というレベルにはなれているのかもしれないけど、ひとの見えない世界が見えるほどのレベルには達していない。何でも広く浅くで、深く考えずに取り組んできたツケが回っているといえば言えなくもないが、いまさらやってこなかったことを嘆いても仕方がない。

若い人たちにはなんであれ(本当にどんなジャンルであれ)、深く真剣に考えて取り組めることを1つは見つけてやってほしいと思う。その世界の住人の多いメジャーなことでも、他の人は見向きもしないマイナーなことでもなんでもいいから、「このことならあいつに聞けば大抵は答えられるよ」と言われる存在になってほしい。

そういうものを持っていない僕が言うのもナンだけど、そういう人は老後は安泰になれると思うよ。少なくとも老後の人生は楽しくなる。間違いありません。保証します。

僕も今からでも何かを見つけないと、本当にしんどくなってくるなあと思っています。

本日よりキャンペーンスタート!

本日よりリーガルウィンターフェアをスタートします。1万円以上お買い上げの方に3000ポイント(ゴールド会員の方は6000ポイント)をプラスでプレゼントします。

Main

↓こちらより、レギュラー会員の方でもダブルチャンスの合計6000ポイント券が印刷できます。

http://www.regalshoes.jp/pf2012f/

また「リーガルシューズ岡崎店を私達が始めて10周年の記念靴第2弾」が発売開始です。

Ladies

リーガルシューズ岡崎店のみの販売で超限定パンプス3色が本日より発売開始です。

数に限りがありますので、お早めにご来店いただくのが吉かと思います。

価格は19,950円(税込)

とても履きやすくて、使い勝手の良いローファーパンプスです。

もうひとつ

メンズのパターンオーダー靴の限定デザイン2つを1ヶ月期間限定受注いたします。

これも全国でリーガルシューズ岡崎店のみの記念デザインです。

Mens

価格はどちらのデザインとも

革底 59,850円  ダイナイトソール  56,700円です。

革は、イギリスのスエードとフランスのカーフ(子牛)革の組み合わせで日本で作っています。

こちらの靴も、事前展示の際のお客様の反応はかなりの好印象です。

カジュアルにもビジネスにも合わせやすい色とデザインになっています。

コーデュロイまたはツィードのジャケットに合わせたらかなりカッコイイですね。

期間限定ですので、こちらも気になる方はお早めにどうぞ!

本日はお休みを貰って大須にある靴作り教室へ

木型づくりからやってみたいと思った私の初回の今日は…

前回に計測した足のサイズを基に、業者さんがおおまかな木型を作ってきてくれたので、それを実際に計測した数値に合わせます。

そのために木型にパテを縫ってサイズを合わせてから磨くことをします。

Dsc_1484

パテはなにやら化学物質です。

これを荒削りした木型に塗ります。

Dsc_1486

計測値よりも小さい部分に足していきます。

この時点でザラザラなので、乾いてからヤスリで磨きます。

Dsc_1485

さらに、凸凹の部分を埋めるようにしてパテを塗り、なめらかになるまで磨きます。

計測値を意識しつつも時間をかけて削りこんでいきます。足りない部分には更にパテを足して何層にもしていきます。

本日はこの作業ですが、簡単なように見えてたっぷり4時間以上はかかりました。

次回はトゥの形を決めて形成するとのことです。

さて、仕上がりはどんな木型になるのやら。

↓靴アサオカ工房

http://shoeasaoka.blog91.fc2.com//

なんか体がだるいな~

「体調が悪い?そういう時はおもいっきり仕事をして体調を整えろ!」という気力もなし…。

それができればもっと大物になっていますよ。僕は残念ながら凡人です。

いろんな人がいろんな成功の法則を本にして書いているけど、そんなものみんな簡単にできたら苦労はしないってことばっかだよ。

大概の本に書かれている成功の秘訣というのは「簡単だけど継続しないとダメ」なことばかりなんだけど、凡人にはたとえそれがものすご~く簡単だからって継続できるわけでもないのよ。だって、凡人だもの。

それを言っちゃミもフタもないけどね。

ひとつだけ言えるのは「自分をごまかしている」うちは次のステップには進めない」ということですね。人がなんと言おうと自分の成長にはほとんど関係ないけど、自分が自分に納得していないうちは絶対に成長しないし。

納得できる日々を過ごしたいものです。ほんとに。

PICK UP! 新作の2wayブーツです!

19日に入荷しました!

http://moonlight-regal.com/F86A.html

新作の撥水ベロアとステア革の組み合わせのクシュクシュブーツです。

F86a2

カワイイデザインですね。折り返しもできます。

Pa210432

クッション感のある製法(プラット製法)で作り、天然クレープ底にしました。

Pa210431

後ろ部分にファスナーがついており、脱ぎ履きにも配慮しています。

Pa210430 

コーディネートが楽なカジュアルブーツです。

筒丈21cm,履口32cm、ちょっと大きめの木型です。

F86A 21,000円(税込)

http://moonlight-regal.com/F86A.html

ハロウィンブレンド!

当店でお出ししている豆工房のコーヒーで、ハロウィンブレンドが入りました。

ハロウィンらしいお化けブレンド(?)かどうかは分かりませんが、おいしいです。

こういう時、このコーヒーはどういう味とか説明できればいいんですけどね~

美味しいのはおいしいということで。

Pa130402

プロスタイリストによるビジネススタイル講座まであと2週間!

1

私も初回からこの講座を聞いておりますが、見る度に参考になる話が聞くことができます。

いったいこの人(末廣徳司氏)はどれだけの引き出しを持っているんだか。

さすが、2000人にスーツを作ったプロスタイリストですね。

日時は

11月2日(金) 18:30~20:30

11月3日(土) 14:30~16:30

岡崎イオン正面にある岡崎商工会議所にて行います。

「商工会議所」といっても、特に会員制というわけではありませんので、もちろん一般の人も入れます。

というか、歓迎されると思います。

まだ、受付を行なっておりますので、メール(info@moonlight-regal.com)もしくは

電話(0564-23-9261)でリーガルシューズ岡崎店までご連絡をお待ちしております。

末廣さんのブログ

http://ameblo.jp/exma-classico/entry-11381298811.html

また、あと1週間でリーガルシューズ岡崎店10周年記念靴第2弾の発売開始です。

http://regalshoes.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-b20e.html

こちらも、解禁日をお待ちの方がかなり多い状況です。

ぜひ、店頭サンプルをご覧になってくださいね!

ここ数日読んでいた小説を今日の昼に読了

涙腺崩壊。涙もろいんだよ。僕は。

特に僕の泣ける要素が散りばめられたこの話はいろいろとヤバイ。

中学以来10年ぶりに真緒と再開した浩介。
真緒はかつて、浩介の通う中学に転入してきた、少しおかしな子だった。
ずば抜けた知能の低さから、イジメの標的とされていた真緒を、浩介は救う。
10年ぶりに再開した二人は急速に距離を縮め、結ばれる。
しかしここから徐々に、真緒の行動に不審な変化が見え始め……

いろいろ伏線が散りばめられていて、なんでそういう事情だったのかが最後に分かるのですが、この結末は僕の個人的な体験というか思い出もあって、泣けて困る。最後の数十ページは一人で読んでいて良かったよ。間違っても外では読めません。

女の子が男の子に読んでほしい恋愛小説No.1らしいけど(実際にははっきり恋愛小説とも言い難い内容だけど)、どうも中年男性に売れているらしいです。分かるような気がする。中年ってけっこうロマンチストだからね。それはそれでいいことなんだろうなとは思う。

こんな話に感動できる中年世代が世の中の中心にいるほうが健全な社会になると思うよ。僕はこの話に共感できない人よりも共感できる人のほうが好きだ。そういう人と友達になりたいと思った。