当店で売れている比較的気軽なストレートチップ(811R)

P1260914

リーガルビジネスの靴の中では比較的お値打ちな2万円(税込21,000円)で、イタリアンカーフ(子牛革)を使って作っています。

オーソドックスでエレガントなストレートチップに、セミロングというか、やや丸みを帯びた長めの靴なので、シルエット的にどんなスーツにも合わせやすくて、スマートに見えるという万能型ビジネスシューズです。

底材は、黒の合成ゴムで、金属のサイズプレートが埋め込まれていて、なかなかオシャレです。

P1260917

もちろん、製法はセミマッケイ式なので、底の張替え、ヒールの交換などの修理が可能です。

この靴は、リクルートや新入社員の方などの比較的ビジネスシューズ初心者の方に安心してオススメ出来ますね。相対する相手に無難で安心・安全なイメージを与える靴ですので、一足持っておくと便利です。

P1310921

姉妹靴に穴飾りのUチップがあります。(木型・革・価格が一緒です)

こちらは、ちょっとオシャレ感がありキュートな靴ですので、女性に人気があります。ビシっと昼間にキメたいときにはストレートチップ、夜のデートにUチップ…な~んて使い分けもアリかも。

もちろん、Uチップでお仕事をしても全く問題ありません。ちょっと楽しげな感じがして、仕事を楽しんでいる人という印象を与えてくれるかと思います。

靴の使い分けでお仕事の演出をするってのも面白いですよ~。

岡崎まちづくり会社の設立に思うこと

昨日は、3月に設立される岡崎まちづくり株式会社の説明会に行ってきた。主催者は理念もあり、やる気もある人たちなので、きっと前向きに進むことだと思う。これからの中心市街地活性化の大きな柱になってほしいと思う。

市街地活性化には人が集まるという前提がなければいけない。

僕は確信しているのだけど、人は楽しいものにしか集まらない。
楽しくないと思ったものには見向きもしないと思っている。
つまり、どのような理念があったにしても、人にとって楽しくない場所にはわざわざ出向くことはない。また、たとえお金をかけて一度は引っ張ってきたにしても、継続して楽しい場所でなければ、次はない。

楽しいというのは笑いのエネルギーだと思う。だから、ホスピタリティの本にはしつこいくらいに「笑顔」という言葉が出てくる。笑いがないと楽しい場所ではない。だから人はつまらない顔をした人のいる所に寄ってこない。皆が面白そうにしている所に集まる。

毎日そこにいることが楽しくて面白い場所であれば、わざわざ行政が支援して活性化策を打たなくてもいいわけで。そういう場所を作って、その輪の中心にいる会社であって欲しいと思う。

現状、活性化策が必要といわれるということは、そこがつまらない場所だと言われているようなものだと思う。そういう場所はたとえ駐車場が十分にあっても人は来ない。それを打破するエネルギーを新会社は作っていって欲しいぞ!などと他力本願なことを思っていたりする。頑張れ!

一筋の光明を見出した思いです。

こ、これは、なんというか天の声が「そのままでいいんだよ」と言ってくれていると考えて良いのだろうか。うっ…目頭から熱いものが…。

世界290万人調査で判明「小太りが一番長生き」理由を医師解説

 1月1日、米疾病対策センターが医学誌に発表した最新のレポートが波紋を呼んでいる。その内容は、肥満指数(BMI)が25~30未満の「過体重」のグループのほうが、BMIが18.5~25未満の「普通体重」のグループよりも死亡リスクが6%も低いというものだ。そもそもBMIとは最も病気になりにくい理想体重を22に設定したものであり、その前提さえ崩れかねない結果が出たのだ。
 
 ちなみに、日本人男性の平均身長170センチだと、BMI22が63.6キロ、BMI27が78キロだから、かなり太っていてもOKということになる。

以下、リンク先

http://www.news-postseven.com/archives/20130126_167724.html

なんか諸々雑感

こんにちは。尾崎でございます。

最近の出来事や思ったことをパラパラと書いていきます。

文章に脈絡ないじゃないかと思った貴方!そうです。その通りです。

脳みそのおもむくままに書いてしまいました。

そのつもりで読んでくださいませ。

———————————————

この人の曲と詩はけっこう突き刺さるんだよなあ。

年末と、年明け後に1回ずつ名古屋のライブに行ったりして、自分の中でプチブレイク中です。

—————————–

そういえば、岡崎城でやっているエヴァンゲリオンと日本刀展は2月17日までのようです。あと3週間ですね。岡崎城に展示されているロンギヌスの槍は一見の価値ありです。まだ未見の人は、特にアニメ好きでなくても楽しめますよ。(ちなみに、僕自身もあまりエヴァンゲリオンには興味が無いのです)

http://www.asobiniikoze.com/news_aMRUEseDOg.html

——————————

近いうちに、株式会社まちづくり岡崎というのが出来るようです。この会社は行政の中心市街地活性化政策の受け皿となる会社で、主に商業活性化を担う会社になりそうです。

こういう取り組みは悪くないというか非常に良いことで、市街地の活性化のみならず、大手小売と中小零細小売の架け橋ともなってほしいものです。問題の本質はここですから。

誰が悪いとか何が足りないとか言い合わず(協同組合的会社って、けっこうそうなりがちなので)、何事も前向きに取り組んでできることから解決する会社であって欲しいなというのが私の希望です。うちもほんのちょっとだけ出資する予定です。

——————————–

今日でセールを始めてほぼ3週間経ちますが、意外とまだ残っていたりします。特に婦人でサイズが22cmに近い人やメンズのブーツが欲しい人は、結構欲しいものがあるチャンスかもしれません。

これは毎回セールをやると思うんだけど、この靴が安くなるんだったら早くなくなるだろうなあ…と思っていたものが、後半まで結構残っていたり、全然安くしても売れないだろうと思ったりしたものが、早めに売れたりします。セールって不思議だね。

で、婦人のインディアン・モカシンなんぞはサイズも比較的残っていたりします。

これなんかは履きやすくていいと思うんだけどなあ。何かと使えるデザインだし。

P1260919

価格は30%OFFで8,085円(税込) けっこうサイズが残っています。

———————————-

ボーイング787が飛行停止になって、各方面に影響が出ているらしいけど、とにかく安全最優先だから仕方がないんだろうなと思う。バッテリーが炭化していたとかなんとか。

バッテリーがGSユアサだったので、MADE IN JAPANの危機だとか騒いでいる外国マスコミもあるみたいだけど、電気ユニットの納品はフランス企業みたいだし、はたしてバッテリーだけに問題があったかこれから検証するわけで、なんとも言えないと思う。実際、新型機に小さなトラブルはつきものですしね。今回はインシデントとしては大きいけど。

専門家からは回路設計に問題があったんじゃないかという説も出ているみたいだし、飛行機好きとしては今後も注目していきたいと思う。

久々に本を読んだ。

久々に橘玲の本を読んだ。この人の論はちょっと変わっているので、惹かれるものがある。

現在、日本や世界で起きている問題はすべて遺伝子のプログラムから出た結果にすぎない。解決方法は無いんだよという身も蓋もない話。

格差問題や原発、尖閣問題、政治倫理など、すべて人類の(というより生物の)本質から見たら、必然にすぎない。ほとんどの問題は進化論で説明が可能だという話が散りばめられていて結構面白い。軽い感じで読める本。

こういう、いわゆる常識にとらわれない変わった意見というのは見ていて面白いものです。そもそも常識ってのが「多数の意見」にすぎないのですが。頭の柔軟性を鍛える本でもあるので、気になった方はぜひどうぞ。

本日は靴作り教室でした。(店長自分用メモ)

先回はアッパーを作るところまででした。今回は、アッパーを木型に組み付けていきます。

木型に中底を19号釘で釘の頭半分まで打ち込む。

前、後ろ、中2箇所を正確に底に打ち付けて、最後は曲げておく。

このあたりの写真は撮っていないけど、中底の真ん中辺りのように処理しておく

カカトの革とライニングの間に芯をのりづけし、木型にかぶせる。

P1100441

そして11本の11号釘をワニペンチで引っ張りながら打っていく。

Kugi

釘打ち位置及び引張方向

また、履口の部分に釘を1~1.5cm間隔で6~7本打っておく

のりを使い、中底にワニで引っ張りながらライニングを張り付けていく。

P1100446

本番では釘を使うが、アッパーものりを使い貼りあわせていく。

ワニで十分に引っ張りながら貼りあわせていくが、ここで引っ張りが足りないと、完成時に皺になり、履き心地にも影響する。

P1100437

ヒールからトゥをやり、真ん中は引っ張りながら釘で斜めに打ったら

先芯をシンナーで柔らかくしてから貼り付ける。

P1100447

シンナーが乾くと先芯もコチコチになっている。

今回はここまで。憶えることも多いので、若干混乱気味。

現在は仮靴の段階なので、失敗は許されるが、これでは本番では困ったことになるなあと思いつつ、やるしかないかと。なんか横にある他の生徒さんの作品を見ると、すげえキレイなので、なるべくそっちを見ないようにする。こんなもん、比べ物にならん。

まあ、でも靴らしくはなってきているかな。自己満足、自己満足。

2月8日に当店でまちゼミをやります。

今回は、「好印象を手に入れるために靴を手入れしよう!」という内容で考えています。

http://machizemi.org/

2月8日の20時から1時間です。場所は当店内で行う予定です。

今回は、初心者向けに靴の手入れの方法を説明しようかと。

実際にお店で靴を売っていると、たまに手入れの仕方を聞かれるので実演しながら簡単に説明したりしてみると、「こんなに綺麗になるの?」と驚かれたりすることも少なくありません。

普段あまり靴の手入れをしない人の目には驚きの輝きパワーに映るようです。

そして靴が輝いていると、けっこう好印象というか、「すごくかっこよくて出来る人」に見られやすいので、たった5分で男っぷりを上げる便利ツールになるのです。

今回はお手入れの仕方に加えて、小さい靴や履いている内に大きくなってガバガバになった靴への対処法なんかも時間の許す限りやってみたいと思います。

お申し込みは26日(土)から!受講料は無料です。

定員は8人までで、定員に達したら締め切りますので、お早めにどうぞ~

トライオンのレザートートバッグが入荷しました。

トライオンから新たにビジネストートバッグが入荷しました。

P1170905

男性にも女性にも持ちやすいデザインとサイズで、ソフトなシボ牛革を使っています。

手触りがよく、荷物もたくさん入るバッグです。

P1170908

裏側はファスナー付きの小物ポケットになっています。

ハンドルも柔らかくて長いので、そのまま肩から下げることもできますが、

ショルダーベルト(肩パット付き)も付いていますので

P1170913_2

このような使い方もできます。

B4サイズがまるまる入るので、仕事にもカジュアルにも使えます。

価格は19,950円(税込)

使い勝手の良いデザインとサイズですので、男性にも女性にもオススメです。

サイズが最後の一つになったシンデレラシューズ(婦人ブーツ編)

1月も半ば!成人式も過ぎ、リーガルのクリアランスセールはなんとなく続いております。

まだ紳士も婦人もセール品をいろいろ販売しておりますが、その中で最後の一足だけになってしまったブーツをご紹介しちゃいましょう。この他にもいくつかサイズが揃っているブーツもたくさんありますので、お問い合わせhttp://shop.moonlight-regal.com/sale2.htmlくださいね~

P1150892

スエードのチャッカーブーツ(ヒール高め) 23cmのみ ¥15,435

P1150890

ボアブーツ茶色。これは暖かいですよ。 22.5cmのみ ¥12,495

P1150889

ボアブーツは濃茶色も24cmで在庫があります。 ¥12,495

P1150885

グレイ色のエンジニアブーツ 22.5cmのみ ¥13,230

P1150888

キャメル色のロングブーツ。履口の部分がギャザーになっているので、足にぴったり来ます。 サイズは22cmのみ ¥20,580

P1150884

ソフトな革のロングブーツ。トゥ部はウイングデザインになっています。サイズは23.5cmのみ ¥23,520

他にもいろいろあります

http://shop.moonlight-regal.com/sale2.html ←こちらか

店頭でご確認くださいね~

感性とは他人に対する無意識下の心遣いの総和ではないか

感性がある人というのは、他人に対する心遣いとか気持ちとかが行き届いている人のことだと思う。それも、自分自身でも意識していない領域で人の心に入り込む何かを持っているという意味で。

あの人の為にああしなければ、こうしなければと言っているレベルでは感性ではない。それは慈善もしくは戦術や偽善かもしれない。そういう表面に出てしまっている(外からわかる)レベルのものは真の意味での感性ではなく、もっと意識しなくても内側から湧き出るものが自然と人を感動させるものが感性だと思う。

そして、その感性は幼稚園までの間に基礎が出来上がるのではないか。人に対する自然な気持ちはそこで固定する。あとは社会性や知識で補うことはできるが、真の感性はそのままのような気がする。

「人を想う気持ち」…ものすごい大切なことだけど、あとから勉強しても、ちっとも追いつけないんだ。悔しいけど。

そして、その気持こそが人生を楽しく生きられるかどうかの分かれ目になるんじゃないかとつくづく思ったりする。人生を楽しく生きている人は、あれこれ悩まなくても「これ」がしっかりできている人が多い。

「感性」が無い自分からしたら羨ましい限りだけどねえ。