THE ARRIVAL

とあるひとのブログに載っていた絵本を買ってみた。

タイトルは「THE ARRIVAL」

世界中で29の賞を取った絵本となっていて、ちょっと気になった。

作者はオーストラリアの人で、amazonでは英語版と日本語版の2種類が売っているけど、いずれにせよ文字のない絵本なので、買うのはどちらでもいいと思う。個人的には英語版を買ってみた。ちなみに、日本語版のほうが一回り大きいみたいだけど、その分ちょっと高めになっている。英語版でもA4サイズなので十分に大きいけどね。

装丁は古いアルバムのような作りで重厚感がある。ページ数も多く、読み応えも十分にある。

P5301916

話は、おそらく1930年代をイメージした世界で、妻と幼い娘から離れて一人で移民する男の話になっている。絵は全部モノクロもしくはセピア色で、古いサイレント映画でも見ているような気分になる。会話は全くなく、絵の流れだけで話が進行する。そして、世界中の誰が見ても理解でき、懐かしさを感じるように作られている。

P5301918

作品内は現実世界の話ではなく、そこに出てくる街、乗り物、動物はすべて不思議なSFな世界観になっている。

移民となって異国の大都市(明らかにニューヨークをイメージしている)で、言葉や習慣の分からない男は、いろんな人と出会いながら、仕事を見つけ、アパートを見つけ、移民同士で友情を育み、生活をしていく。

P5301919

絵柄がモノクロで暗いので、悲惨な話を想像してしまいそうだけど、意外とそういう話でもない。(移民の悲哀みたいな話は挿入されているけど。)

P5301917

最後はお約束といえばお約束でハッピーエンドな終わり方だけど、わかっていても不思議な感動がある。(とはいえ、泣くほどのものでもないですが)

海外で一人で心細い思いをしたことのある人には共感できるかと。そういう人にはこれは買って損はなし。オススメ出来ます。

昨日、交換をしてきた。

最近、iPhoneのカメラのオートフォーカスの銚子が悪く、ピントが合わなかったため、名古屋のAPPLE STOREに行ってきた。到着時間は夕方4時。

2回のカウンターは混雑していたが、目の前で受付のお姉さんが、iPadを手に持ちながら、「ご予約を承ります。今だと、6時からになります。」ということなので、6時からの予約をして、2時間時間を潰してお店に戻る。

Img_0211

6時前につくと、相変わらずの混雑だったが、15分ほど待って、受付開始。

担当はアジア系の女性で、周りを見ると、アジア系の男女店員が多い。白人もいる。当然、全員日本語は発音レベルから完璧。日本人は半分くらいじゃなかろうか。

症状を話すと、バックアップの有無を聞かれ、「バックアップ済み」と話すと、即交換となり、交換機を持ってきて、手慣れた様子で、SIMMを入れ替える。ezwebのデータ転送の設定を済ますと、僕の手持ちのPCでバックアップされたデータを転送し、店員さんが保護シートを張り替えて終了。

この間、20分。バックアップ時間は10分くらいだから、実質10分で交換終了。

データもすべても元通り。

iPadにやたら書きづらいサインをして、終わりでした。

APPLEは保証期間内の不具合は修理じゃなくて、すぐに交換すると聞いていたけど、一体何台あの店に交換機を用意しているんだろうか。

靴作り教室(ウエルト取り付け)

本日の靴作り教室は、ウエルトの取り付け。

朝からやって、やっとここまで。

Img_0239

iPhoneのカメラの調子が悪いため、使えるのがこの1枚です。

ウエルトの縫い付けは力仕事なので大変です。

一針一針、出し縫い針でに革に穴を開け、糸を通して縫っていきます。

あまり軽くやると後から縫い目が出てきて見た目にも強度的にも良くないので、一針ずつ力を入れて縫っていきます。

これがまた大変。針を通すのに一仕事で、ドシロウトの僕は一針に5~10分かかります。

更にトゥの部分の細かさときたら…。

職人さんは凄いなあと思い知らされながらウエルトをつけています。

だいぶ暑くなって来ましたが、本当は梅雨前だったりします。(予告!)

気温や湿度はだいぶ夏っぽい感じがしてきていますが、まだ梅雨がその前にあるはずです。

はずって書いたのは、なんだか最近の気候は何があってもおかしくないので、ひょっとしたら梅雨をすっ飛ばして夏に入る可能性もゼロではないと思ってしまったからで。

いや、でもさすがに梅雨はあるんじゃないかな。

で、もうじきの6月は雨の季節です。

そして、恒例の北川タケシうつわ展も当店で行われる月になって来ました。

今年のテーマは雨降りの日は雲の上で4~空色の森で~です。

今年は、北川さんのうつわの他に、北川さん手製の裂き布のバッグも出展されます。

これがすごくカワイイと当店の女子の間で評判です。

どんなものか、製作過程の写真をいただきましたので、特別にお見せしましょう!

Dsc_0816

1 1cmちょっとの幅で布を手で裂いていきます。

Dsc_0817

2 かぎ針でぐるぐると円形に編んでいきます。

Dsc_0818

3 途中で裂き布の色を変えて編み続けます。

Dsc_0819

4 編みあがった本体に持ち手と陶器のモチーフを付けます。

Dsc_0820

5 完成。

簡単に5行で北川さんはまとめてくれましたが、これはそんなに簡単なものじゃないんじゃないかなあと思ったりしています。さすがに芸術家さんは何をやらせてもうまいんだなあと感心してしまいます。

価格は、まだはっきりとはいえませんが、この値段でいいんですか?というような価格です。

展示会開催は6月14日(金)~6月23日(日)までです。

こっそりご案内をここに貼っておきますね。

1304302_ura_2

ご来店お待ちしております~

ちなみに、当社(店)扱いの小物類のカタログを徐々に更新中!

http://regalshoes.thebase.in/

ちょっとずつカタログのアイテムも増えています。

弊社扱いのバッグや小物類のカタログページを作っています。

http://regalshoes.thebase.in/

まだまだ載せていないものも多いのですが、改めて見ると、多いんだか少ないんだかですね。

自分がいろんな所で見てきて、「面白い!」とか「これは良い!」とか思ったものだけ仕入れています。だから、思い入れはあります。

かなりピンポイントでマニアックなものも無いわけではないのですが、それらもおいおいとカタログページに掲載していきます。例えば、ジョンレノンが死んだ翌朝のニューヨーク・ポストの1面とか。確か、1万だったかな。そういうのは大体1点もの。もう仕入れもできません。

カタログページとはいえ、一応販売もできますので、気になった方で遠いよ?という人は、ご注文くださいませ。

http://regalshoes.thebase.in/

いただきもの

本日は良い感じでお客様に来て頂きました。

おやつを頂いてありがたい限りです。

P5251886

パンダ菓子店。幸田にあるみたいです。

P5251887

そこのプリン。これはうまかった。上に載っている生クリームもふわっふわ。

濃厚なプリンと滲み出るカラメルが絶妙でした。

P5251888

ご存知、超地元の旭軒元直

P5251889

季節ですねえ。水ようかんと若鮎。胃に脳があると噂される我がスタッフは、もう夏なんだなあと、このお菓子で理解するわけです。

うまかったです。

靴の中敷の話

今朝、ある女性から「靴の中敷について聞きたいことがあるのですが、後ほど伺っていいですか?」と問い合わせがあった。

たまにそういう問い合わせがあるのだけど、そういう時僕の心は「キタ━(゚∀゚)━!」となっている。当店にはデジフィットhttp://moonlight-regal.com/digifit.htmlという中敷きがあり、いままでコレを勧めて、悪いといった人が一人も居ないからだ。

で、午後になってその女性が来た。

聞くと、最近ではどんな靴を履いても足が痛いという。痛いのは踏まずから前の部分であり、歩く度に痛いと言われたので、とりあえず、足裏の圧力を計測することにした。

P5251885

さくっと10秒で計測したところ、決して立ち方は悪くない感じ。

左足のほうが痛いということだったが、確かに画面で見ると左の方に圧力が多めにかかっている。とりあえず、計測結果から出てきたL600という中敷きを靴に入れて試してもらう。

「全然痛くない!今までどんな靴を履いても痛かったのに…」

僕は心のなかでガッツポーズをする。

足は本来どんな立ち方が理想的か、そのためにこのインソールがどのような役割をするのかを説明すると、とても納得してくれた。

インソールの代金は6,875円(税込)。これを高いと見るか安いと見るか。

今までの販売の経験から、インソールをモノとして見ている人はあまり買わない。とりあえず2~3000円のインソールでいいやと思いとどまってしまう。その場で試しに履いてみて、明らかにこのインソールは他とは違うと納得しているにもかかわらず「インソールに6千円以上を払う」というのには抵抗があるみたい。

靴やインソールを足の一部、もしくは毎日の健康を維持する道具と考えている人は値段に構わず迷わず買う。これは自分の健康のためには明らかにいいものだから。そして、そのひとの歩き方に最適な答えを出すインソールだから、買わないわけがない。

どちらが正しいかはそれぞれの考え方なので、何とも言えないけど、僕個人の意見からすればもったいないなあと思う。どっちが?それはもちろん、靴が痛い、足が痛いというのがわずか数千円で緩和されるとわかっていても買わないのは、やっぱりもったいないんじゃないかなあ。

当然、今日来た女性の方は靴も合わせてインソールを買ってくれた。

この方がこれから、毎日足の痛くないように過ごしてもらえれば、ベストだなあと思う。そうすれば、他のお店にはないアメージングな体験を我々が提供できたことになるのだから。

それが僕達の望みだったりするのです。

ごく初歩のテスト的に作ってみた。

まだ初期のテストの段階なので(まだ商品を極少数しか載せていないし)公開するには早いけど、提案があったのでバッグや小物のカタログページを作ろうと思ってみた。

http://regalshoes.thebase.in/

私どもの会社は有限会社ムーンライトですんで、ムーンライトのページを持っています。

http://shop.moonlight-regal.com/index2.html

最終的にそちらに統合するつもりです。こちらは、過渡期の商品カタログ的な位置づけで考えています。だから全然シンプル。ネット上での販売はムーンライトページから行うつもりです。

商品カタログページにはポチポチとリーガル以外の商品を載せていくつもりです。

ご興味があればどうぞ~

昨日はあまりにもいい天気だったので

近所の公園の芝生にビニールシートを持込み、木陰で横になって本を読んでいた。

平日の昼間なので、誰もいやしない。

ちょっと風が強かったけど、気持よく過ごすことが出来たわ。ビールとか飲みたかったけど、さすがに昼下がりの誰もいない公園でスヌーピーのビニールシートを敷いて寝転がった中年男が、一人でビール飲みながら本を読んでいたら通報されそうなのでやめておいた。

犬の散歩をしてた爺さんが、「気持ちよさそうだねえ。こういうことが出来るのも今のうちだからね~」などと、話しかけて去っていった。ちょっと考えるとなんだか恐ろしいことを言われたような気もしたが、別に死神には見えなかったから、きっとこの季節のうちということなのだろうと脳内で納得しておいた。

読んでいた本はちょっとファンタジーチックなものなので、実に風のある日の木陰で読むにはちょうど良い感じでした。

いろいろ焦ったり、心配になったり、不安になったりすることが続いていた感じなので、たまにはこういう日もいいやな。