世界で一本だけの傘が入荷しました!

一本一本柄の違う傘を国内で作っているプラスリングさんの傘が3本入荷しました!

価格はすべて9450円(税込み)です。
生地も、ハンドルも、シャフトやリブもそれぞれ違います。
それぞれ世界に一本しかない特別な傘なのです。

0461
制作ナンバー:0461
写真じゃわかりづらいけど、カラーの部分が水玉です。写真より現物のほうがカワイイ感じです。シャフトはアルミ、メインリブはグラスファイバー、ハンドルは木製です。
広げ幅は60cmです。
0474
制作ナンバー:0474
グレーがベースですが、イエローやネイビー、カーキ、オフホワイトなどの色も入っています。シャフトはアルミ、メインリブは鉄、ハンドルは木製です。
広げ幅は65cmです。
0475
制作ナンバー:0475
落ち着いた色合いでまとめてみました。でもちょっとだけイエローとグレー、オフホワイトを使って楽しさを出しています。シャフトはアルミ、メインリブは鉄、ハンドルは木製です。
広げ幅は65cmです。
ぜひ店頭でご確認くださいね!

ほめ達ことほめる達人の西川さんを知っていますか?

最近、テレビに良く出ている、「褒める達人」ことほめ達さん。

日本ほめる達人協会の西川理事長も、末廣徳司が見立てたスーツを着て、マツコ・デラックスの番組に出演した所、マツコさんに絶賛されたとの話でした。
その後に、末廣徳司に西川理事長より頂いたお手紙だそうです。
スーツの色、オレンジとのあわせ方、袖口のボタンホール、一つだけオレンジの糸。見つけて褒めていただきました。
紺とオレンジの反対色を合わせる人は中々いない。
すっごい!おしゃれ!と言っていただきました。
 末廣さんから話していない時間でも、伝え続けるそんな魔法のスーツをいただいて。
「ほめ達!」の伝える力は、さらに強くなります。
ありがとうございます。
その他のお客様のコメントはこちら
末廣さんの見立てるスーツには特別な力があります。
あなたもぜひ、その魔法を実感してください。
末廣徳司は11月8日、9日に岡崎に来ます。その際に、一人1時間かけてじっくりとビジネススタイルのお見立て&セミオーダーの注文を承ります。価格はスーツで6万円から、ワイシャツで8800円からです。
例えば、既に今持っているスーツに合うYシャツとかコートとか、そういった注文でも大丈夫です。実際に、当店で購入した靴を持ってきて、それに合うジャケットを作られたお客様もいらっしゃいます。
末廣さんの売りは「カッコイイオヤジをつくること」です。
プロのスタイリストのお見立ては一般人である我々ではなかなか望んでも出来ないことです。この機会に、トライして見るというのもアリだと思います。
詳しくはリーガルシューズ岡崎店(0564-23-9261)までどうぞ!

11月8日・9日に末廣徳司のビジネススタイル注文会です!

芸能界で活躍するプロのスタイリスト「末廣徳司」さんによる、ビジネススタイル注文会を11月8日、9日に岡崎で行います。

ワイシャツ、ジャケット、スーツ、コートなど、ビジネススタイルにまつわるものに関しては、末廣さんの見たてで誂えることが出来ます。
芸能界だけではなく各界で活躍する2000人以上の経営者やビジネスマンにビジネススタイルを提案し、最高に似合う服装を手がけてきました。
ぜひ、あなたも
「会社でどうみられたいか?」
「家族にどう見られたいか?」
をプロのスタイリストである末廣さんと相談して決めてみてはいかがでしょうか?
人の見た目をかっこ良くするのはプロの手にかかれば簡単なことなのです。
今までの自分からは想像できなかった、あなたの新たな魅力が発見できるかもしれません。
まだ、ご予約には空きがあります。
詳しくはリーガルシューズ岡崎店(0564-23-9261)または
customer@moonlight-regal.com
までお問い合わせください。
きっと変われます。今までとは違う自分になることができます。

本日10月23日は営業中!

本日は営業中です!ご来店をお待ちしております!

明日は、メーカーの展示会のため、臨時休業となります。
W07b
本日は、超カッコイイ色合いのウイングチップが入荷しました。
はっきりと深みのある型押革に、ネイビー、グレーという色合い。
これはカッコイイです!
価格は25,200円です。ぜひご覧になってみてくださいね。

木型づくりから初めて11ヶ月!ついに完成しました!

Pa230527

なんとなくよレているのは、それだけ苦労したからということにしておいてください。
ギリーシューズにしたのは、一番難しそうだったから。とにかく一番手間ヒマかかるやつを作ってみたかったのです。さすがに1年弱かかるとは思っていませんでしたが、おかげで靴作りというものがどういうものかを垣間見ることが出来ました。そして、いかに自分が不器用かも。
底は革にして、縫い目を見せない伏せ縫いで作りました。初めて靴を作るにしては無謀ですね。どれくらい無謀かというと、初めてプラモデルを作る人が、大和ミュージアムにある1/10戦艦大和を作るくらいに無謀です。
Pa230530
それでもいろんなものをごまかして完成。濃い目のダークブラウンに塗って、よく分からなくしています。
ヒールも革の積み上げヒールにしています。
Pa230529
これを本物のプロが作ったら20万は下らないであろうと思われますが、実際には売値のつかないようなシロモノです。自分でよくわかります。
Pa230532
唯一ちゃんとして見えるのはこの角度↑から撮った時かなあ。
Pa230531
なんとなく、微妙に落ち着かない曲がり方をしていますが、まあ、そんなものです。
でも、靴屋としては良い経験になりました。次に作る時は、もう少し上手くなっているといいなあ。

本日靴作り教室最終回

ギリーシューズが完成してから、一ヶ月分開いていた時間のコマでスリッパを2足作ってみた

Pa220482
ウルトラマンみたいだねと言われました。
Pa220484
言われてみれば確かにそうだね。
僕としてはリーガルのカラーのつもりだったんだけど、それはそれでいいや。
Pa220483
さすがに底縫いはなれない筋肉を使って手が痛い。
店で「お客様用スリッパとして使おうよ」と言ったら却下された。
そりゃあ、完成度は低いけどさ…。
というわけで、ギリーシューズの公開は近日中に行います。

スマホを使うほど読書時間が減るらしい

 読売新聞社の読書に関する全国世論調査(面接方式)で、スマートフォンを使う時間が長くなるほど、読書時間が減ったと答える人の割合が高くなる傾向がわかった。

それは当然といえば当然だと思う。
ネットにつながっている時間が増えれば、必然的に他の時間が減るわけだから。
しかも、いつでもどこでも簡単に自分の欲しい情報に接することができる環境だと、アナログで本を探して、さらにページをめくるのも面倒くさいだろうなあというのは簡単に想像がつく。そういう人が増えているんじゃないかな。
実際に、僕もPCをいじっている時間のほうが読書時間よりはるかに長くなって久しいし。
さすがにスマホのような文字の小さなガジェットだと、この歳じゃ使いづらいけど、PCやタブレットのサイズだと丁度良い感じに見ることができます。
じゃあ、そんな便利なPCやスマホをつかって、本以上に有意義な情報に接しているかというと、大概の場合は、そこに大したことは書かれていなかったりします。本のほうがはるかに内容的に有意義だけど、くだらない情報ほど中毒性があるので、ついつい時間ができるとPCを見たりしちゃうんですよね。あかん…依存症になるなあ。これじゃ…あ、すでになってるかも。
あと、本の文字が見づらくなった。暗いところだとなおさら見づらい。これは歳のせいだ。困った。文庫本とか厳しい。
最近は、アマゾンのKINDLEセール本を買って、タブレットで本を読むようにしています。
これだと文字の大きさは自由に変えられるし(これ、意外と年寄りには大事かつ重要な機能だったりします)、バックライトで明るいからね。
まあ、それはそれで目に悪いんだろうけど、画面の輝度をなるべく抑えて見るようにしています。
意識して本を読まないと思考力が劣るわ、会話力が落ちるわと、ろくなことがないので、読まないとなあと思うわけです。実践できてないけど。

ものすごく柔らかい革のビジネスシューズ

とにかく革の柔らかさにこだわりました。

09er
革の手触りがとてもやわらかいです。それでいて、コシのある内張りのおかげで、すぐに型くずれすることもありません。
デザインは人気のスワールトゥで少しカジュアルを意識したデザインとなっています。
Pa180479_2
価格は23,100円(税込)
ビジネスとしてもカジュアルとしてもイケます!
独特のふわっとした履き心地はなかなかのものですよ。