忙しいはこころを亡くすと書く

こんにちは、リーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

以前、そんな名言(忙しいはこころを亡くすと書く)をとある偉いお方から聞き、それ以来、忙しいと言ってはいけないんだなあと思っています。

確かに、忙しいと本来回るべき気が回らずに、目の前のことに追われるだけになります。だから、ホスピタリティがうまく発揮できなくなります。

超高級ホテルは宿泊客数に対して、同じくらいのスタッフがいて至れりつくせりなわけですが、これもスタッフをわざと忙しくならないようにするためだと聞いたことがあります。スタッフが忙しく動き回るようじゃ、高級ホテルとは言えないんだそうです。

もちろん、仕事ですから忙しくなるときもありますが、それでもそう見せないようにするのが大事だということのようです。

日本人は生真面目ですから、暇な時でも「常在戦場」などと言って常に気働きを要求しますが、それも時と場合によるということではないかと思います。

キャンペーン中ですが、心を亡くさないように気をつけたいと思います。