為すべきことをなせ

こんにちは、新潟の夜は大勢の前で一人だけ”悪目立ち”した

リーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

悪目立ちと言っても、壇上で人がスピーチしている最中に

あまりにも周りがガヤガヤしていたので、「静かにしてください!」

と大声を出しただけですけどね。

 

多分、以前までの僕なら、見て見ぬふりをしていたと思う。

怒らず、目立たず、静かに、ことなかれで。

ここ数年で、何かのスイッチが入ってしまったわけで。

今思うのは、自分の正義感に照らしてなすべきだと思ったことを

なさないのは「悪だ」ということです。

その結果、嫌われても何しても、自分が自分に納得できなくなるより

よっぽど精神的に良いわけで。

 

以前、役者に1時間位いろんなことをインタビューするという

アメリカの番組をNHKで深夜にやっていたことがあって

たまたま見たスピルバーグの回でのインタビューで、

「死後、天国に行ったとき、神からなんと言われたいですか?」

という質問をされた時に、

「為すべきことを為したなと言われたい」

とスピルバーグが答えているのを見て以来、

未だにその言葉をを忘れられません。

すげーかっこいい!

STEVEN SPIELBERG

なすべきことをなす

その意味はなんだろう。

 

僕にとっての今なすべきことは

「岡崎にあの店があって良かった。」

「岡崎にあの人がいて良かった。」

と言ってもらうために、お客様を含む周りの人に対して何ができるか

何をすべきかを考えて、行動すること

 

そのための手段が「リーガルの靴」であるわけです。

だって、リーガルの靴って本当に良いものだから。

2日前も新潟に工場見学に行って、本当にプロフェッショナルな人たちが

真剣に靴作りに取り組んでいる、真面目な良い会社だと再確認できたので

改めてこれで三河のビジネスマンの足元を支えるんだという

気持ちになることができました。

本当に、写真をアップすることが出来ないのが悔しいくらい。

せめて、見学ロビーの写真くらい。

 

リーガル資材部の部長が言っておりましたが

身につけるものの中で

ちゃんと作っている靴ほど多くのパーツを組み合わせるものはない

上の写真を見ればそうだろうなとご理解いただけるかと。

 

こんなにもの真摯なモノづくりをわかりやすく世の中に伝えていくべきだと

私は思っています。

それが私の為すべきことです。