フェークニュースは他人事ではない

こんにちは
本日からリーガルシューズ岡崎店は
冬のクリアランスセールです。
一度覗きに来てくださいね。

今の時代は何が本当で
何が嘘なのか
本当によくわからなくなって
いますね。

この動画とか
どう考えても精巧すぎて
見破れません。

AIによってつくられたフェイク動画。20秒を過ぎたあたりで、“オバマ前大統領”が「トランプ大統領は救いようのないマヌケだ(President Trump is a complete and total dipshit)」と発言しているが、しばらくすると画面が二分割されて俳優兼監督のジョーダン・ピールが現れ、これがフェイク動画であることがわかる。VIDEO COURTESY OF BUZZFEEDVIDEO

 

https://wired.jp/2018/09/14/deepfake-fake-videos-ai/

上の動画は
AIで作ったものだそうです。
こんなのが出回ったら
とても普通の人間じゃ
見破れません。

なのでこれがフェイクだと
特定するAIも作られている
という記事です。

作るAI vs 見破るAI
ということで
結構下世話なジャンルで
AI同士がバトルしている
わけです。

今までは
自分で見たものしか
信じられないと
言っていた人も
この動画を見れば
信じちゃうかもしれない

そうなると今度は
何を信じればよいの?
ということになります。

例えば
スポーツ界のビデオ判定や
防犯用監視カメラ
ドライブレコーダーなど

テクノロジーの進化は
曖昧だったことを
はっきりさせることに
貢献してきました。

でも、だんだんこれも
信じられなくなって
いってしまうわけです。

行き着くところは
どうなるんでしょうね。

また昔のようなアナログな
判定方法に戻るんでしょうか。

そうなっちゃうと
テクノロジーから戻って
個人として相手を信用できるのかどうか
がこれからの時代の
大きなキーポイントになりそうです。

既にマスを対象としたメディアは
どんどん力を失ってきつつあり
人対人の小さな世界に
戻ってきている気がします。

本人を知っていて
本人と話をしていて
本人を信用しているとなれば
少々のフェークなんかは
気にせず対峙できます。

でも世の中そんな人ばかりではない
のはわかっています。
ですので、知り合いの和を広げる
しかありません。

 

毎日会う人
仕事で会う人
ご近所さんに
あの人は信頼できる人だと
日々思ってもらうことは
フェークのトラブルを
避けるためには
必要なことかもしれません。

大事なのは
あなたがどんな人かを
殆どの場合は
見た目で判断されます。

今までもそうでしたが
これからさらに
そういう時代に入る
と思っていただいて
間違いありません。

最初の見た目をクリアしてから
言動や、動き、行動などの
人間性に触れられるのです。

あなたの見た目。
大丈夫ですか?
足元は疎かになっていませんか?

自分の見た目に
自信を持ちたい人と
商売がしたい
リーガルシューズ岡崎店です。