多様性が楽しさを生むと思う話

こんにちは
4日から年初の営業が始まり
昨日まではセールダッシュ期間だった
リーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

本日からは社会は通常期間に入るため
当店も落ち着くことでしょう。

昨日までの3日間は
たくさんの常連のお客様に
ご来店いただきました。
ありがとうございます。

世界を変えた車15台という記事

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00010000-binsider-int&p=1

日本車は3車種ということですが
こういうのは主観も相当入るから
賛否はあることでしょう。

「なぜ、未来に行ったり
過去に行ったりできる
デロリアンが無いんだ!」
とか。

だから、まあこんなものか~
みたいな感じで
見ていったわけですが
最後の最後を見て
ブログに取り上げることに
決めました。

実は最後の最後は車ではないのです。

ネタバレになってしまいますが
世界を変えた(というか変えつつある)
最後のものとして
ウーバーを挙げています。

だいぶ有名になってきているので
説明もいらないと思いますが
タクシーを使わない
配車アプリのことですね。

これが進むと
車を所有することから
シェアすることに移る
というのです。

ウーバーは最近名古屋でも
ウーバーイーツを始めた
とのことですが

これもいわば
出前のシェアみたいなもの
ですよね。

所有すると大変なものを
シェアすることで
身軽になろうという発想です。

これが世界を変えた車の
最後に来るということは
車の多様性が失われていく
という宣言ではないか
とも思うのです。

だって、シェアするのなら
できるだけ
均一化を図ったほうが
シェアを提供する側も
される側も不便さは
なくなるわけですから。

実際にウーバーイーツの
配達人が使うバイクも

どこのステーションで
使い始めても
どこのステーションで
返してもOK
ということなので

ちょっと空いた時間で
近場のステーションの
自転車で配達して
配達先の近くの
ステーションで返す

なんてこともしているわけで
それはドコモが提供する
単一車種のバイクで
十分なわけです。

こういったシェアの試みが
うまくいくかどうかは
わかりませんが
個性を大事にする人にとっては
大変な問題になるだろうな
とは思うのです。

だって
シェアが増えれば増えるほど
シェア用の単一車種が増えて

それが嫌だという人には
生産効率が悪い少量生産の車を
かなり割高で
買うしか無くなるわけで

車がお金持ちの趣味人の
おもちゃのような存在に
なっていくことが
予想されるからです。

そう思うと
僕もシェアリングエコノミー
というのは斜めに見ています。

多様性の失われた種は
滅びるからです。

人とは違うものを求めるからこそ
発展というものがあるわけで
これでは世界を変える車は
もう出てこない!打ち止め!
となってしまうからです。

僕はそういうのは嫌だな。
誰もが同じ車に乗る社会は
つまらないと思います。

話は変わるようで変わりませんが
当店がオーダーシャツに進出したのも
社会に多様性を求めているからです。

スーツには白いシャツが当たり前という
単一化した思考の人たちに

いやいや、他にもカラーがいろいろあるし
それぞれの個性に合わせて
色や柄やデザインを
組合わせても良いんだよ

と言いたいが為に
シャツを販売開始したのです。

 

それでも今の所
白いシャツの注文が多いのですが

ま、それは、これからこれから

異論もあるかもしれませんが
シェアが前提で
なんでも均質なムダのない未来
なんてものは来てほしくないし

多様性を認め
面白いと思える他にはないものを
面白く提案できる

そんな世の中を残していきたい
と思っている
リーガルシューズ岡崎店なのです。