せめてここではリアルでいて欲しいと思う話

こんにちは

時間がないとか忙しいとか
言っていると
本当にシャレにならない
状況になるので

あまりそういうことは
言わないようにしよう
と思っている
リーガルシューズ岡崎店の
尾崎です。

忙しくなんかないもん!

少し書いてて
自分でも気持ち悪くなったり
しています。

 

これはタイトルだけでは
何のことだかわからなかった記事

 

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000027-zdn_n-sci

つまりはアウディの車の中で
ヘッドセットをつける。

もちろん運転手がつけるのは
ムリがありますね。

助手席の人でも危ないと思われる
ので、後部座席専用になる
のではないでしょうか。

装着すると目の前は
こんな景色になる

で、車の動きに合わせて
見える景色も変わっていくと。

おそらく
ナビやウインカーと連動するのか
横Gを早めに検知して
VRを動かすということになる
のでしょうが…

うーん、最初に思ったのは
なんだか酔いそうだな
というものです。

あと、こういうのは
車内で子供が騒がないように
静かにさせておく為に設置する
とかなんでしょうが
子供はすぐに飽きそうな
気がします。

もちろん対応ソフトは
今後も増えていく
とのことですが

どうなんだろう。

こんなのもある。

きっと将来の
自動運転が実現したときの
車内の時間つぶし対策の種まき
としての研究なんだろうけど

なんか壮大にコケるニオイが
ただよっている気がしてなりません。

いや、一生懸命開発している
ディズニーの皆さんには
申し訳ないですが。

私の個人的な感想ですが
子供が親と車でどこかへ出かける
というのは
大切なコミュニケーションの時間
ではないかと思うのです。

上のマスオさんは
煽られているっぽいですが…。

車内での会話だけでなく
その車窓から見える景色や
街の風景なども
子供の脳には新鮮な情報として
インプットされていきます。

狭い車内空間で
家族の時間をどう過ごすのか
というのも大事なんじゃないかな
と思うわけです。

いやいや、お前は小さな子供と
車に乗ったことがないから
言えるのだろう

あれは大変なんだ
と言われれば
そうかもしれませんが

大変だから、楽になるから
目の前の空間から切り離して
バーチャルな世界で遊ばせる
というのはどうかなあ
と思うわけで。

その流れで
車内の後部座席でDVDなどを
流せるようになっている
ワンボックスもありますが
それはちょっと寂しいな
と思ったりします。

車内という
自由の効かない狭い空間で
家族との時間も持つこともなく
自分の好きな映像だけを
見て過ごす子供というのは
我慢の効かない子供に
育ったりしないだろうか。

考えすぎかな?

狭い車の中で
運転手が運転だけして
他の同乗者は
(大人でも子供でも)
全然別の空間に
意識が行っている
静かな車内というのが
もしできたとしても
僕はあまり好きになれないだろうな

私は眼の前の人と会話をし
外の景色に感激し
狭い空間(車内)を出た時に
味わえるあの開放感
といったアナログな感覚を
大事にしたいと思います。

それこそが、ドライブの楽しさ
なんじゃないかなあ。

そういう人が
車を降りた時に来てホッとして
リアルな空間で楽しめる
アナログな人がやっている
アナログな店でありたいと

思っている
リーガルシューズ岡崎店なのです。