ネーミングセンスは笑いがいちばん!

こんにちは
正月が過ぎて
最近お店が急速にヒマになってきた
リーガルシューズ岡崎店です。

寒いからかな?
(と、自分をなぐさめる)

だいぶ前の記事なのですが
昨日ネーミングセンスについての
ブログを書いていたら発見した記事です。

https://www.gizmodo.jp/2017/12/wifi-network-naming-bomb-on-board.html

ナイロビ発イスタンブール行のターキッシュ エアラインズのフライトを利用したとある乗客、Wi-Fiホットスポットを作ったのはよかったけれど、その名前を「Bomb on Board(=機内に爆弾あり)」に設定。結果、スーダンで緊急着陸し、乗客全員がセキュリティチェックを受け直すという一大事に。

まあ、確かに機内のwi-fiで
こんなのが表示されたら
通報しますわなあ。
冗談だよで済ませられません。

2014年ロサンゼルス国際空港にて、誰かさんがWi-Fi名を「Al-Quida Free Terror Nettwork(=アルカイダ無料テロネットワーク)」と設定したため、ロンドン行きのヴァージン・アメリカのフライトは数時間遅れに。また、Wi-Fi名を「Samsung Galaxy Note 7(発火の恐れがあり機内持ち込みが禁止された端末)」と名付けたために、フライト自体がキャンセルになったパターンもあります。

これもあかんだろうと。

航空会社としても
笑ってすます訳には
いかないはずです。

LAN(Wi-Fi)の名前は
私はiPhoneのテザリングで
使っていますが
以前はそのままデフォルトの
「~(ニックネーム)のiPhone」
にしていました。

さすがにそれは
誰彼構わず見られるので
ちょっとやだなと
(特に被害はないでしょうけど)
今は「iPhone」だけにしています。

それじゃちょっと
おもしろくないので
どうしようかなと思っていました。

LANネームが見られるというのは
こういうことですね。

スマホを持って
ネットにつなげようとしたら
よく見る画面ですよね。

ここでたまに
すげえなあと思うのが
入ってきたりします。

例えば

こんなのとかは
センスいいなあ
と思ったりします。

無害ですしね。

で、ネットを検索すると
出てくる出てくる。

 

坂本九か!

なかなか怖い

ダジャレだけど
これは面白い。

面白いと迷惑(不愉快)の
境目を判断することが
大事ですね。

それは想像力の問題
だと思うのです。

とはいえ、こういう遊び
私は嫌いではないです。

ちょっと人を面白がらせる。
そんな気分で
毎日が過ごせそうです。

そういうことの積み重ねが
毎日を楽しくする工夫
だと思うのです。

そういう人を面白がらせる
お店でありたいなあ
と思っている
リーガルシューズ岡崎店です。

なかなか難しいですけど。

さあ、うちのLANは
どんな名前にしようかな。