こにゅうどうくんの将来はどっちだ!

こんにちは
いよいよ花粉が本格化してきて
いつでも涙目の
リーガルシューズ岡崎店の
尾崎です。

とはいえ
先日の腫瘍切除手術の
傷も癒えておらず
安易に目をこすれない
悲しさを味わっております。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000073-asahi-soci

以前四日市に行った時に
このキャラクターを見たのですが

妖怪みたいだなと思っていたら
やっぱり妖怪でした。

大入道の子供だとか。
うーん
まあキャラは立っているかな。

我らが岡崎には
キャラとインパクトだけは
超メジャーな
ゆるきゃらがいるので
岡崎にはまだまだですが。

確実に
がっぷり四つに組んで戦ったら
岡崎が勝てます。

オカザえもん師匠の圧勝です。

しかし、市役所を挙げて
2万ものアカウントというのは
その間この人達は
仕事をしていたのでしょうか?

誰も何も疑問を持たなかったのかな?

と思ったら
市長肝いりで
1位にするぞプロジェクト
をやっていたのですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E6%99%BA%E5%BA%83

これがいわゆる
忖度というものなのかは
なんとも言えませんが

ネット投票で1位だったのを
不正投票で3位って。

それでも順位が上がったのは
良かったと市長は喜んだそうで

いや、その前に仕事やれよと。

ちなみに
オカザえもんには市の協力は一切なく
放置していたらいつの間にか
ご当地キャラグランプリで
2位になっていたといいます。

2位になっても
あのキモいのが2位というのは
納得がいかない
と市役所はむしろアンチ側だった
と聞いています。

オカザえもんは
自治体の支援を得られない中
自腹であちこちのイベントに出演。

それで人気が出ても
著作権料を一切受け取らずにいて
だんだんと窮乏していきます。

最終的に1回ダウンして
病院に運ばれた時に
オカザえもんグッズを作っていた
会社の人社長たちが救済します。

皆でお金を出し合って
オカザえもんの面倒を見たそうです。

今は権利を管理する会社を作って
そこから印税を受け取って
安定しているそうです。

でも
今でも岡崎市の業者が
オカザえもんのキャラクターを
使う分には
無料としています。

そうこうしているうちに
オカザえもんの全国的な知名度が上昇して

遅ればせながら岡崎市が
イベントに協力をお願いするようになり
そこで賃金が支払われることになりますが
金額は時給制のバイト並と聞きました。

そんなゆるキャラとしての
下積みがあり

ぽっと出の
役所が全面バックアップの
キャラクターには負けない
地力があるのです。

何がいいたいかと言うと

本当の人気というものは
ストーリーから生まれる
というものです。

仮に組織票で
一瞬の花火のように
盛り上がっても

一発屋芸人のように
落ちていくだけ
なのではないかと思うのです。

ぜひ
こにゅうどうくんも
オカザえもん師匠を見習って
精進をしていってほしい
と思います。

当店も自力を付けて
オカザえもんのように
徐々に徐々にお客様に
支持されるお店に
なっていきたいと考えている
リーガルシューズ岡崎店
なのです。