激おこ坊さんスマートに収める

こんにちは
昨日は花粉がひどかったので
目がかゆいわけですが

あまりに目をこすりすぎて
まつげが何本も目に入り
大変な思いをした

リーガルシューズ岡崎店の
尾崎です。

アレ痛いんですよねえ。

https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/784903

この件については
昨年末にブログに書いたので
その後のニュースということで。

そのときは服はともかく
サンダルはダメよ
という記事にしました。

やっぱりサンダルで
運転するのは危ないです。

今回の県警の判断は
妥当(僧衣は違反ではない)
だと思います。

ただ、この件で
僧侶の連帯というか
面白いことをやったなあ
というのが記事中のこれ。

 一方、男性は納得がいかないとして、反則金の支払いを拒否し、浄土真宗本願寺派も反発する事態に発展。 

この問題を巡ってはインターネット上に、各地の僧侶が僧衣で二重跳びやジャグリングなどをして、柔軟な動きができることをアピールする動画が「#僧衣でできるもん」というハッシュタグ(検索目印)を付けてSNSに続々とアップされ、話題となった。

うん
こういう情報発信は好き。

SNSの使い方は
こういうことだと思うのですよ。

誰かのために
何かを訴えるために
穏健な手段で世間に広げていく。

口汚く相手を罵ったり
激しくデモをしたり
破壊や暴力的な手段に訴えたりという

「市民運動」や「政治家」が
見られますが
そういうのは逆に
支持を得られないと思うのです。

またネット上での発信も
バイトテロの問題について先日書きました
情報発信はかっこよく
スマートにいきたいものです。

そのためには
自分たちだけが楽しんだり
一方的に訴えたりするのではなく

相手に楽しんでもらうには
どうすればいいかを考えて
作るということに尽きる
と思うのです。

1.何かを訴えたい(知ってほしい)

2.相手に楽しみながら理解してもらいたい

この2点がないと
良くて無視、悪ければ炎上
してしまいます。

その意味では
このブログはまだまだですが

私が訴えたいこととは

リーガルという全国どこでも買える
(なんなら多少の割引でも買える)
ものを売っている
我々リーガルシューズ岡崎店は

こういう考えやポリシーを持って
売っている人たちですよ
ということを知ってほしいから
なのです。

ネットでボタンを
ぽちっとすることで
何でも買えるご時世に

それはあなたにとって
本当に必要なものかどうか
一緒に考えて
最適なものを提案しましょう

というのが私達の持つ価値であり

その信頼に値するかどうかを
判断してもらうための
情報発信なのです。

今回は坊さんの方々の主張が
認められたようで何よりです。

私達も楽しんでもらえるような
発信をしていきたいと
思っている
リーガルシューズ岡崎店
なのです。