世の中の流れに乗るか?それとも本質を見極めるか?

こんにちは、

12日から18日までやっていた極近エリア限定イベント

「グッとくるマーケット」が終わり

もう近所にフードトラックが来なくなってしまうので

ランチがいつも通りに戻ることに胸を痛めているリーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

先週はけっこう充実したランチでした。

こんなのとか、

こんなのとかが食べられなくなるわけで…

さようなら、私のランチゴールデンウィーク_(┐「ε:)_

 

昨日、ヤフーニュースで出ていたこの問題

「スーツにリュックは非常識か?」

https://bit.ly/2S2U5K5

 

気になりましたね~。

世の中どんどんカジュアル化している中で

頑なに「こんなのマナー違反だ!」

などと怒鳴るつもりはありません。

まあ、当店でも革のリュックバッグは売っていましたし。

 

ただ、私のファッション師匠の末廣氏が言っているように

「スーツの肩がかわいそうだな」とは思います。

なんだか、すぐに形が崩れそう。

 

高いスーツの定義は人それぞれなのでなんとも言えませんが

自分で高いスーツを着ていると思えるときは

絶対に避けたほうが良いと思います。

高いスーツを早く壊したいなら別ですが…。

これはマナーと言うよりお金の問題です。

 

あと、革靴について。

上田さん: いえ、全く問題ないと思います。近年、合成・人工皮革製の靴の品質は上がっており、本革製と見た目がほぼ変わらないものが売られています。

これについては異論あります。

棚に並んでいる時の、見た目はね…。

そう変わりないですよ。

でも、履きはじめて1ヶ月、2ヶ月と経っていったらどうなんでしょう?

また、革靴と合成皮革の靴の履き心地の違いには全く触れていません。

本革の良さというのは、

1.足に合わせて伸びてくれる(ので馴染みやすい)

2.排湿性がある(ムレが抜ける)

3.加工性が良い(色や形などに融通が効きやすい)

などがあります。

最後のはともかく、上の2つは決定的に履き心地に関わります。

 

で、人工皮革はやっぱりここはまだまだなんです。

履いても伸びないし、ムレぬけもよろしくない。

例えば、リーガルが一時出していた人工皮革のビジネスシューズは

革が伸びないので、調整用に別に中敷きを用意していました。

 

当たり前の話ですが、本革は元が動物の皮膚なので、

足を覆うという意味では1番適した素材です。

正直言って、まだまだ人工皮革は本革にかないません。

 

また、記事にも書いていませんが、実は本革に近い味を出す

人工皮革もかなり高騰していて、そんなに本革に比べて安い!

というわけでもないのです。

 

ペナッペナのビニールみたいなものには安いものもあるんでしょうけど

はたして、リーガルを履く人が納得できるレベルの靴かどうか…。

靴って、すぐに化けの皮が剥がれる商品ですからね。

 

きちんとしたビジネスマンに見られたいなら

周りの人と差別化を図りたいなら

こういう流れに真っ向反対すると

本質が分かる人から可愛がられると思います。

それが私の結論です。

 

 

ライザップの赤字とリーガル岡崎店が結果にコミットすること

こんにちは、沖縄といえば、開放的な南国!

「南の島の子猫ちゃわ~ん」などと言いつつ

ルパン三世ばりに勇んでお出かけして、

実際に子猫ちゃんとたわむれてきたリーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

 

これが噂の子猫ちゃん(♀)です。まあ、もうちっとだけ成長していましたが。

 

僕が子猫ちゃんとたわむれていた同時刻頃、

RIZAPグループが赤字転落の見通しを発表したら

株価がいきなり半分になりました。

11月12日に500円だった株価が、金曜終値で265円ですね。

約1年前のピーク(1545円)からは6分の一くらい?

 

プロ経営者の松本CEOの手腕はこれからでしょう。

原因はM&Aのやりすぎによる乱脈経営と言われています。

実際にそうなんでしょう。

 

でも、僕はもうちょっと別のことを考えていました。

結果にコミットするCM

ぶよぶよの体が1周回って、ムキムキの体になるやつ

あれをみて「やろう」と思った人も多くいると思いますが。

僕が気になったのは

結果に コミットする という部分です。

 

いったい、なんの結果にコミットするの?

 

大抵の人にとって、本当にほしい結果は、

「筋肉質の体になることではないのではないか?」と思っていました。

それは結局、過程でしかない

ダイエットして、ムキムキの体になったときに欲しいもの。

そこにまでコミットして、結果にコミットと言えるのではないか。

ダイエットして、ムキムキの体を手に入れても

彼女や、異性の称賛が得られなければ

結局は期待はずれに終わってしまう

と思ったのです。

そこに何十万というお金をかける価値があるかどうか。

まあ、難しいかな。

みんな、気づいちゃったのではないかと思います。

幻想が剥げたときにこうなると思っていました。

 

ひるがえって、私達のリーガルシューズ岡崎店は

「出世する靴」「ビジネスで成功する靴」を売っています。

そこで売っている靴の製法や革の質や丈夫さなどの情報は

あくまでもスペックです。

もちろん、それもちゃんと明示していますが、

お客様が本当に欲しいのは、この靴を履くことで、

仕事に自信が出たり、出世ができる靴です。

 

だから千社札を作りました。

当店でお買い上げいただいた方に仕事で成功して欲しくて

私達の扱う靴やお店が行う、結果のコミットは、

お客様の出世であり、仕事の成功です。

 

それを目に見える形で作ってみて、お買い上げのお客様に配りました。

こつこつと、これまでに2万枚以上。

そして、多くのお客様から、

「この千社札のおかげでだめと思っていた契約が2件取れた」とか

「転職がうまく行った」とか

そういった声をかけていただけるようになりました。

 

じつは、RIZAPがストップ安した金曜日、

あるお客様が、「刈谷の支店にいたんだけど

岡崎に支店長として出世して戻ってきた。

前回買ったときに千社札をもらったからね~」

と言ってくれました。

覚えていてくれたんです。

私は、結果にコミットできたと思いました。

それは私も嬉しかったですよ。

 

当店は、あの場所でよく頑張っているねと言われます。

実際に、経営も楽じゃないです。

でも、苦しくてもなんとか続けることができたのは、

地道だけど私達なりの結果にコミットする姿勢を

お客様に感じていただけたからかもしれません。

 

安心してください。

これまでに多くのお客様に証明いただいています。

当店で靴を買うと、けっこうな確率で出世するし

仕事で成功できます。

 

 

価格と在庫ロスの関係について沖縄のレンタカーとリーガルで考える

こんにちは、先日の沖縄セミナーで

「周りに人が集まる人とは?」という話があり

 

1.すごい人…芸能人とか、トップアスリートとか

2.メリットのある人…お金持ちとか権力者

3.共感できる人

4.面白い人

のどれかだと言われ、「たしかになあ」と思ったリーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

 

1,2は一般ピーポーにはなかなか無理だから、目指すのは3,4しかない

そのためのツールがブログだということで…。

はい、おっしゃるとおりです。

 

で、沖縄編の続き。まだまだ引っ張ります。

沖縄の恐らく11月はオフシーズンであろうこの季節。

着いた日はまあまあ涼しいので、そんなものかなと思っていたら

翌日は汗ばむほどでした。

一日オフを作ったので、レンタカーを借りようとネット検索したら

なんと、朝10時~夜7時までのリッターカークラスの

レンタル料金が、なんと2900円!しかも、保険も税も全て込み。

2900円ポッキリ価格! マジか!

そのかわり、借りられたのはものすごく緑な車でしたが。

でも、新車2年以内の車です。

飛行機も安いなと思っていたけど、レンタカーも異常料金でしょ、これ。

会社は、大手のオリックスレンタカーです。

恐らく、ピークシーズンに合わせて台数を用意しているので

車を寝かせておく位なら、いくらかでも出してしまおうということなんだろうけど。

そういう実態があります。

こういうのを安売りと言ってはいけないんでしょう。

予めキャパが決まっているものを埋める商売(航空会社とか、ホテルとかも)

は大変だなあと思います。

 

商売は、仕入れて売るが基本ですが。

仕入れにはどううまくやっても無駄が生じてしまいます。

エスパーじゃないんだから、完璧に売り切るのは難しい。

そこで、どうしても効率よく仕入れようと考えてしまう。

特に腐りやすいものやサイズ物はその辺がとても難しいのですが。

しかも、それが利益に直結することなので、とても大事です。

でも、そこに罠があります。

某大手アパレルが婦人靴に進出したとき、サイズは22.5cm~24cmでした。

今は25cmまで作っているようですが。今でも22cmは作っていないようです。

効率を求めたらどうしてもそうなります。

その会社にとって、世の中に22cmの人はいないことになっています。

売れる数と在庫ロスとを比較したら、どうしてもそうなります。

 

当店もすべての在庫を22cmから揃えているわけではありません。

でも、許される範囲でなるべくやろうとしています。

幸い、リーガルは22cmから(物によって21.5cm)から靴を作っています。

そこにお客様がいる限り、自社のロスを考えずに作るメーカーだからです。

お客様志向とは、こういう姿勢のことをいうのではないかと思います。

もっとも、それで安くできたら、さらに言うことはないんですけどね。

 

本当は他社の靴のように製造原価を安く作り、安く売ることは簡単にできます。

でも、それはいろいろなお客様のメリットを削り落としたらという条件付きで。

大切な履き心地や、耐久性を犠牲にすれば良いだけ。

リーガルはそれは出来ない会社なのですが、その話はまた別の機会に。

リーガル岡崎店の店長は沖縄で何を勉強したか?

こんにちは!

沖縄では女子高生とのメッセンジャーのやりとりに

ちょっとだけデレっとした50代オヤジの

リーガルシューズ岡崎店の尾崎です。(前回ブログ参照)

いや、もうこれはしょうがないでしょう。

 

話を2日ほど戻します。

沖縄でのブログセミナーは安いから行ったということ

そのことは講師の板坂 裕治郎氏のブログにも書かれていました。

 

実際には3,000円代ではなかったですが、それでも5,000円代では行けました。

ここで読み取れることは、よく「時間と空間の壁」と言いますが

「空間の壁」はもう撤去されたようなものになっているということです。

 

少なくとも、「遠いからなあ」というのはやらない理由にならない。

時間は、飛行機で片道2時間以上かかりますが、

それでも例えば東京の北千住あたりでやっていたりすると

(講師は千住とか錦糸町とか似合いそうなやんちゃなタイプです)

新幹線乗り継ぎでも同じくらいはかかります。

つまり、行くということに対するハードルは、だだ下がりなわけです。

あとは気持ちの問題。

自社のお客様のために、どれだけ行動するか

自分自身のレベルアップのためにどれだけ行動するか

行動する気持ちこそが唯一なのです。

 

ありがたいことに、近年、自分の周りには行動する人がとても多いので

自分の行動に対する心理的な抵抗は大幅に下がっています。

今回も行動する友人に後押しされたと言っても良いでしょう。

 

靴をすり減らす人こそが、精神的にも物理的にも豊かになる

あなたのすり減った靴は私達で面倒見ます。

 

だから、行動してください。

絶対、毎日が楽しくなります。

沖縄でも札幌でも数千円で行ける時代です。

 

遊びに行くだけじゃなく

何かを得るために動く

 

先の講師のブログにも書かれていましたが

地方の人はセミナー参加に金をかけない

これは私も何人ものコンサルタントの人から言われています。

 

あえて言います。

 

都市と地方の格差は当然です。

なるべくして、なっているのです。

行動しない地方の人が、行動する都市の人に日常から負けているのです。

 

でも、行動の空間的ハードルは下がる一方。

 

リーガルシューズ岡崎店が足元から後押しします。

丈夫で長持ちする靴ならいくらでも売ります。

自分のために出かけてください。

そして毎日楽しく仕事をしましょう。

 

今日は、説教臭くなってしまった…(・∀・)

明日は、沖縄遊び編にします。(なんぼでもひっぱるよ)

リーガルのオーダーシューズの本質は愛だと思う理由

こんにちは。沖縄にいるときに、お客様であり友人でもある方から

「実は今ウチの娘も修学旅行で沖縄にいるんだよ」とメッセージが。

へ~そんなこともあるんだ~と思っていたら、件のJKからメッセージが

来たので、それぞれの現在地を教え合ったりして、ネット社会ってやっぱり

すげーなと思ったリーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

 

家に帰って、奥さんにそのことを話したら、「その子と会わなかったの?」

と聞かれたので、「いや、JKの修学旅行に50代のオヤジが会いに行ったら

いろいろやばいでしょ」

変質者扱いされるか、もしくは「誰あれ?おじいちゃん?」とか友人に

言われたら、それはそれで凹むわ。

 

そんなわけで、昨日の沖縄の続きを書こうと思ったのですが、

今朝、お客様から手紙が届いたのですが、その内容がとても自慢したくなるもの

なので、嬉しくなってそちらを優先して書いちゃいます。

先日、退職記念に息子さん夫婦からプレゼントとしてオーダーシューズをご注文いただいた方からです。

こういうお手紙をいただくと、大変嬉しいです。しっぽ振りまくります。

読んでみるととってもありがたく嬉しいことが…。

ちょっと涙でかすんで見えません。

我々はこういう方のためにお店をやっているんです。

そしてご縁を頂いた「お客様の毎日を楽しくするお店」でありたいと。

この靴でご家族がいつまでも仲良くしていただければ嬉しいなとおもいます。

私達が提供するのは靴という機能ですが、

「靴を通じてどんな楽しい毎日を提供できるか」

本当はそちらがとても大事だし、それを常に考え続けていたいです。

お客様が当店で買った靴で、仕事もプライベートも楽しくなれば

それが私達にとっての成功なのです。

 

ちなみに、オーダーでご注文を頂いた靴は

これです。ブルースエード・ローファー。超かっこいい。

この靴を履いて、家族でどんどんお出かけしてくださいね。

 

リーガルの店長が沖縄まで勉強に来ています。

am 9:20

おはようございます。

昨日酔っ払いながら夜中に必死で書いたブログがアップされているはずなのに

き、消えてる…

と、沖縄の地で爽やかな体験をしているリーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

おうおうおう、どういうことやねん!

などと一人で言っても僕の書いたブログは戻ってこないのは悲しいのですが

ここは気を取り直して、次行こ、次!

昨日から、沖縄でのブログセミナーを受けに来ています。

これは、もう大変有意義な時間でした。

独りよがりでモノを書いていたらダメだなあと思ったり。

あまり人様の役に立つこと書いていないなあと思ったり。

 

もしこれから、ブログの書き方が変わったら、

それはこのセミナーの成果だと思ってください。

あー、でももう行かなきゃ。

詳しくはまた後ほど書きますね!

POSレジの動きがおかしい

こんにちは。昨日はツヴォイさんの講義を終了15分前にこっそり抜け出して、夜にポール・マッカトニーのライブに行ったことが発覚し(SNSに上げたから当然バレますが(^_^;))、今日お会いしたらいじられまくった尾崎です。

「おまえ、俺の15分よりもポール・マッカトニーを取ったんだよな~」とか「あ~あ、昨日のラスト15分に全4回の講義のエッセンスが全て詰まっていたのに」などと言われたわけですが、それよりも10代の頃に聞きまくった、レット・イット・ビーやブラックバードやヘイ・ジュードなどを生ポール・マッカートニーで聞いてうっかりすると涙が出そうになるくらい良かったわけで。

それで、本日午前中に坪井さんのグループ相談会が終わって店に帰ったら、昨日からPOSレジがおかしくて、昨夜も精算ができなかったと言われて、「謎のポール現象」と名付けました。

まあ、レジ屋さんが来て直してくれるそうなので、一見落着間近です。

なんだかよくわかりませんが、ぜひこのまま突っ走って行きたいと思います。

慣れないことをやると問題もあるけど、やらないといけないんだね

こんにちは、最近、ちょっと慣れないことをやって、問題を起こしているリーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

どんな問題かというと、意外に影響力のある立場にも関わらず、軽口を言って、周囲から叩かれるということだったりします。ここまで影響力のある立場なんてのはあまりやったことがないので、正直戸惑っていたりします。

私の基本スタンスは深刻な場面でも軽口を言ってナンボというスタンスだったりするので、そうすると真剣に真面目にやっている人から怒られるわけです。今まではそれでもスルーされて良い立場でしたが、今回ばかりはそうはいかないと。

だからといって、辞めるわけにはいかないのでやり続けるわけですが、こういうことも経験ですね。

じゃあ、これが一段落ついたら私が変わるかというと変わらないと思います。なぜなら、真剣に真面目にやることは気分を楽にしたほうが効率が良いから。

私は小売業であり人を楽しませる仕事なので、周りを楽しくさせるというのは絶対条件だと考えています。

まあ、トライアンドエラーで前に進むしかありません。

そんなわけで、あと数ヶ月は意外に偉い人の立場をやっていきます。

 

80年代と今の車の違い

こんにちは、友人の女性がTikTokにハマっていると聞いたので見てみたら、世の中みんなダンサーになっているということにごく最近気づいたリーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

そんなことは置いておいて。

私は車のことはそんなに詳しくはありませんが、今から30年以上前の日本車は白い車ばかりだった気がします。実際、白以外はリセールバリューも悪いし、無難じゃないしという時代が長く続きました。白以外の車は、タクシーか黒塗りの高級車か外車ばかりだった気がします。

私はこれは暗黒時代だったと思っています。近年、車もカラフルになって、いろいろ主張するようになりました。今は、カラーの多さが車のうりになる時代ですよね。

価値観はいろいろですが、個人的にはこういう世の中の変化を私は歓迎します。

ごちゃごちゃすると言う人もいるかもしれませんが、街が明るくなります。多色使いの車はあまり好きではありませんが、すっきりと良い色の車は街のアクセントになります。

そして、街が明るくなるのになんで男性のシャツは白ばかりなんだろうというのが気になりました。最近でこそ若い人で、襟の2枚羽とか、ボタンとかで色使いをする人がいますが(それを仕掛けている人を個人的に知っています)、なんかチャラさが先行してしまうデザインなんですよね。

イタリア人はブルーのシャツが定番だと聞いています。(白ばっかりだと、なんで毎日葬式に行っているんだと思われるとか…)でも、未だに日本人は白いシャツが圧倒的。

それぞれの年代や体型など人に合わせた仕事を楽しくできる色使いと着心地のシャツはあると思うのです。

そんなシャツを西三河の人に提案したいなと思ってオーダーシャツを始めました。そうすれば、僕の好きな茶色の靴ももっと履く人が増えるし、何より仕事場が明るくなります。

地味な職場は効率が悪くなります。IT系の会社が遊び場のような職場を作るのは効率を良くするためです。楽しく効率の良い仕事が出来たら最高ですよね。

そのための第一歩を始めたい方は、ぜひご来店くださいね!

ある女性との会話

昨夜のある女性(女性用補正下着販売社長)との会話で、

「同じ値段の同じ下着を売っていても売れる人と売れない人がいるのよね~。自分は自慢じゃないけど物凄く売っているの。(実際、その人は先生と呼ばれて度々講演も行っているような人です)でも、売れない子は全然売れないの」

「何が違うんです?」

「違いはたった一つ。売った後のアフターなのよ。売れない子は売ったら売りっぱなし。お客様はその下着の良さを実感することもないから、高い下着を買わされたで終わっちゃうわけ。そうなるとリピーターにはならないから、つねに新しいお客様を探さないといけないわけ。でも安くない下着を売っているんだから、そんなに新しいお客様も続かないし、それで売れないまま終わっちゃう」

「じゃあ、あなたは何をやっているんです?」

「売ったら、その場でお客様の写真を撮るの。お客様の携帯で。それで、「ほら、こんなに体型が変わったでしょ?下着一つで全然変わるのよ」と目で魅せるの。そして、1ヶ月後にもう一度来てもらう約束を取付けるの。この下着を一ヶ月着続けたら、体型も下着に合わせて変わるから、一ヶ月後にもう一度写真を撮って自分の体型そのものが変わったことを実感してもらうの。それを実感したお客様は必ずリピーターになるの。」

「他には?」

「いろいろやっているけど、これが全てかな。補正下着は実感してもらうことが大事なの。だから、実感してもらうために販売した後に手間暇をかけるの。そうすれば、お客様は必ずまた買ってくれるから」

これは補正下着だけのことってわけじゃないなあ。あらゆる商品と販売に当てはまることだと思う。

うちも、取り入れさせてもらいます。