感謝をするのはやりたいから

こんにちは

キャンペーンのたび毎に
自分の体重を
思いっきり思い知らされる
リーガルシューズ岡崎店
の尾崎です。

当店は今
1年の間でも
一番在庫が多い時期なので
通路にまで
靴が積み上げられている
わけですが

いや、もう
身体のあちこちがつかえて
いろんな在庫に
引っかかること
ひっかかること。

店の裏では
大変なことになっています。

もちろん
表に出れば笑顔ですけどね。

そんな中、昨日は
「2018年に当店で
一番お買い上げを頂いた方」
がご来店されました。

実は当店では毎年
前年にお買い上げ頂いた方を
上位順にソートしまして
3名の方にプレゼント
というのをやっております。

これはもう何年になるんだろう…。

今年も
年間お買い上げ1位の方に
オリジナルのプレートを
渡すことができました。

御本人のたっての希望
「顔はやめて!」
との声により
顔部分には
ぼかしを入れております。

こういうことをやっていると
中には
「他にも買ってくれている人が
いるのに差別じゃないの?」
という方もいらっしゃいますが

差別ではありません
これは感謝です。

当店で特に多くを
買ってくれている人
なわけですから

私どもとしても
感謝をしてもしきれないわけで。

これは航空会社やホテルの
上級会員と一緒です。

年間何マイル乗ったら
プラチナステータスに行けるとか
何回泊まったらゴールド会員とか
そのようなものと何も違いません。

お買い上げ上位の
ベスト3ですから
人数が少ないだけで。

実は当店が
これを始めたのには
元ネタがあり

何年か前にアメリカで
マリオットだか
シェラトンだったかが

よく泊まってくれるお客様に
ちょっとした
プレゼントをあげている
というのを
何かで見たからです。

それでホテル側が
売上が伸びていたのかどうかは
わかりませんが

記事になっている
ということは
何らかの効果
はあったのでしょう。

でも、私達が求めているのは
売上ではなく

それがお互いの
ちょっとした喜びになっている
ということです。

なので
たくさん買ってくれている人に
勝手に感謝をする
ということを決め
プレゼントを渡す
ということにしたのです。

だって面白いじゃないですか。

だからささやかです。

告知もヘビーユーザーの方々に
送っている封書DMのみですし

何かパーティー的なことも
特にやっていません。
こちらからの一方的な感謝ですから。

そんなことを
もう何年もやっています。

今年ももう3月半ばです。
来年、プレゼントを欲しい方は、
何をすればよいかわかりますね。

奇しくも
今はリーガルウィーク中です。

今日も朝10時から19時半まで
営業している
リーガルシューズ岡崎店
なのです。

大切なのは行動です(・∀・)

全く違った発想のタクシーから学ぶこと

こんにちは
昨日からのリーガルウィーク
初日は静かな出だしだった
リーガルシューズ岡崎店
の尾崎です。

今日この瞬間から
どっとお客様がご来店することを
私は固く信じております。

さて
タクシーに乗るのも
イベント型というか
体験型になってきているようです。

https://www.fnn.jp/posts/00355930HDK

タクシーといえば
私なんかは急いでいる時とか
時間の都合がつかない時に
乗るものですが

タクシーに乗ることそのものを
体験にしてしまおうというもの
のようです。

私は20年も前から
「モノを売るな体験を売れ」
という思想の

主に藤村正宏氏や小阪裕司氏などの
本を片っ端から読んできました。

基本的にモノとして考えたら
リーガルはどこでも売っている
モノでしかありません。

デパートでもイオンでも
売っています。

アウトレットで売っているものは
リーガルという
ブランドタグが付いているだけで
実は違うモノだったりするのですが

そこには大人の事情というものが
あるわけで
とにかくリーガルと名前のついた靴が
お安めに売られていたりするわけです。

モノとしての性能はともかくとして。

そんなどこでも売っているものを
あえてウチの店でしか買えないもの
にするとしたら

それは他の店にはない
体験を創造するしかないわけです。

タクシーも一緒ですね。

どこで手を上げても一緒。
呼ぶにしても料金体系は
(最近は多少違うとはいえ)
一緒。

モノとして見た場合には
運転手が誰であっても
(なんなら自動運転であっても)
きちんと目的地に
時間どおりに着けばよいわけで

普通はあえてこの会社の
このタクシーを選ぶ理由

は無いわけです。

それをあえてこの車
この運転手にするためには
ちょっとした演出というか
体験が必要ということですね。

もっとも
このタクシーは予約専用で
流しでは走ってはいない
ということなんでしょうけど

もし流しで走っているところを
間違って手を上げて
止めたりしたら
きっとビビっちゃうでしょうね。

運転手がSPの格好をしている
わけですから。

でもこの演出を
決断した経営者は偉い
と思います。

普通に考えたら
SPタクシーで
G7の大使館を巡る
なんて企画考えません。

そのツアーに
どのくらいの利用者が
居るかどうかは
わかりませんが

全く需要のないところに
(タクシーでG7の
大使館を巡った人は
過去に何人居るんだろう?
0に限りなく近い気がする)

需要を作ることをした
というのは
やっぱりすごいと思うのです。

バカバカしいとか
ふざけるなと思う人も
いるかもしれませんが

こういうのを面白い
と思う人はやっぱりいるんです。

当店も
こんな思考と行動の柔軟性が
欲しいところですね~。

なんだろう?
どんな提案や演出がいいんだろう?

靴屋の概念に囚われず
リーガルシューズが
こんなことをやっていたら
楽しいなあ
面白いなあ

となるような体験を
提供できる
リーガルシューズ岡崎店
でありたいと思っているのです。

とはいえ今日は
リーガルウィーク2日目です。

今日も
1万円以上買ってくれた人には
こんなものを
プレゼントしていたりします。

たまにはこういうのもどうでしょう?

 

 

 

 

 

 

面白いの定義はワクワクすること

こんにちは
昨夜は某所で

他社さんの経営計画
3社分の話を聞いてきた
リーガルシューズ岡崎店
の尾崎です。

その出来不出来はともかく
みんな想いを持って
やっているなあと感じて

弊社も頑張らなきゃ
と思って帰ってきました。

弊社はお客様の毎日の
面白い、楽しいを少しでも
演出できたらいいなあ
と考えているのですが

人によって面白いとか
楽しいと思う内容は
まちまちだと思うのです。

で、私は面白いというのを
「ワクワクすること」
と定義しています。

なんというか
それを見たり聞いたり
触ったりしたら
ワクワクするもの。

そういうもの全般が
面白いと思うのです。

そして、多分にそれは
「粋なこと」でもあります。

例えばこういうこと。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000099-zdn_n-sci

これは昨日の記事ですが
グーグルが3月14日に
111日間の時間をかけて

31415926535897桁の
円周率を計算して
ギネス記録を作った
という記事なのですが

31兆4000億桁あまりの
桁数そのものが円周率
だったりして

こういう演出が粋だなあ
と思うし
私としては
ワクワクするわけです。

 111日間の計算の結果、小数点以下31兆4159億2653万5897桁まで円周率を計算したという。円周率の最初の14桁である「3.1415926535897」に合わせた。

これを私と同じように
面白いと思ってくれる人とは
良い酒が飲めると思います。

逆に言えば
上の記事で「ふ~ん、それで?」
という人は
恐らく当店の常連のお客様には
なってもらえないだろうと思うけど

それはそれで
仕方がないことかな
と割り切るようにしています。

当店は期間を決めて
廃番品や季節品のセールはしますが

基本は定価で売っているものは
定価のままです。
値引きはしません。

…なんだか分かりづらい表現
かもしれませんが…

だからそういう価格を
求めている人には
行きづらい店にはなるでしょう。

ただ面白いものを
求めていたり
楽しいことを
求めている人には

多少なりとも
他の店と違うものを
提供できる店であること
であるために
いろいろやっています。

スタッフも皆
そう思ってもらうように
接客しています。

そのおかげもあってか
他のリーガルの店よりも
かなりリピーター率が高い
お店になっています。

そんな当店が
本日からごく普通の
他の店と同じキャンペーン
「リーガルウィーク」
を月末まで行います。

https://www.regalshoes.jp/week/19s/

キャンペーンそのものは
他のリーガルシューズと
内容が同じです。

ただ
もしご来店いただいた時に

店頭でリーガルシューズ岡崎店
ならではのスパイスを
感じていただけたら幸いです。

そういうのって
実際に見て
感じてもらわないと
わからないものですから。

そのリーガルウィークは
本日からですので
気が向きましたら
お立ち寄りくださいね!

シンデレラが落としたのは何か?

こんにちは
バレンタインデーは
ハッピー・バレンタインデー
とはいいますが

ホワイトデーは
ハッピーホワイトデー
というのか疑問に思った
リーガルシューズ岡崎店
の尾崎です。

https://bit.ly/1SuLHks

なんとなくそうかな
と思っていたら

やっぱりホワイトデーは
日本発信の習慣で
一部のアジアしか
やっていないんだそうです。

そんな気がした。

ちょっとうがった見方をすれば
菓子業界に
うまいことノセられたのが
日本だったということ
でしょうねえ。

こんな絵がありますが
北欧の森の妖精ムーミンは
ホワイトデーを
祝ったりしません。
ちょっとがっかりです。

さらにこの上に
アクセサリー業界が乗っかって
日本のGDPの押し上げに
協力しているようです。

チョコレートが大半を占めるバレンタインデーと異なり、ホワイトデーは菓子類だけでなく、近年は食品以外のプレゼントも好まれるようになっている。JIONの2017年の調査によれば、女性側の希望では菓子類は2位で、1位はピアスやネックレスなどのアクセサリーとなっている。

このような調査は
「お菓子とアクセサリーの
どちらが欲しいですか?」
的な質問をすれば

そりゃあ
「アクセサリー」
と答えるに決まっています。

その結果を持って
「女子はアクセサリーを
欲しがっていますよ」

と男性にささやきかければ
アクセサリーを買う人も増える
に決まっています。

見事なマッチポンプです。

ここは靴も
ぜひ乗っかりたいところですが

靴はサイズがあるので
なかなかプレゼントには
上級スキルが必要なアイテムです。

気軽にプレゼント
というわけにはいきません。
う~ん、残念…

ただし
上級アイテムだからといって
尻込みしていたら
男がすたるというものです。

むしろ
ここを見事に突破していけば

「私のことを
足元からわかってくれる素敵な人」

感が半端じゃなく上昇するでしょう。

ちょっと考えてみてください

シンデレラは
アクセサリーを落としていません。

シンデレラが落としたのは
そう、靴です。

そして
それを王子様が見事に
ピタッと合うことを見抜いて
履かせたからこそ
物語は感動のラブロマンス
になったのです。

さあ、3月14日!
今ならまだ間に合います!
新作のレディース靴も揃っています!
心ある王子様ならば
ここは挑戦する日だと思いますが
どうしますか?

ちなみに
足に合わなかったからといって
靴の交換は可能ですが
心の傷は保証できません。

予めご了承くださいませ。

 

夢を叶える人の強さと深さ

こんにちは
昨日、夢を叶えた男の
その瞬間を見ることができた
リーガルシューズ岡崎店
の尾崎です。

その夢とは
会社設立10週年に
大勢のお客様に来てもらって
パーティーを開いて

そこに綾戸智恵さんの
ライブをしてもらう
というものでした。

彼は昨夜
大阪のビルボードライブの会場で
その夢を実現させたのです。

彼に出会ったのは
彼の会社設立後
2~3年目の頃でした。

いつの頃からか
「10周年には
大勢のお客様や関係者を集めて
綾戸智恵さんに
歌ってもらうんですよ。

もうその光景のイメージは
できているんです。

お客様は全員
自社の製品を身に着けて

ステージの上では
スポットを浴びた綾戸さんが
自分の大好きな曲を
ピアノで弾くイメージなんです。」

と明確なイメージを
語りだし始めました。

彼に会うたびにとは言いませんが
彼から何回も
そんな話を聞いたことがあります。

その程度のことは
普通にお金があれば
事務所を通じて
綾戸智恵さんに出演依頼すれば
お金次第でやってくれます。

でも彼は
それでは良しとしませんでした。

綾戸智恵さんにメールをし
想いを綴った手紙を書き
何度も何度もやり取りをして
次第に綾戸さん本人と
つながっていきました。

彼は、綾戸智恵さんに
友人として歌ってほしかったのです。

そんな関係性を何年も続けた結果
昨日の綾戸さんのライブは
素晴らしいものでした。

彼の想いが綾戸智恵さんに伝わり
それをきっちりと受け止めた
綾戸さんの想いとの相乗効果が
ライブに見事に発揮されました。

また、来場いただいたお客様も
10年間の彼のプロとしての仕事を
きっちりと認め
愛情と尊敬を持って
付き合ってきた人ばかりだから

その一体感とライブ感で
全体が最高に盛り上がる
ことができました。

夢は言い続けていれば叶うとか
紙に書けば叶うとかいいますが
それだけじゃ絶対に叶いません。

面倒で地道な仕事でも
取り組むのに大変な仕事でも
やり続けなければ叶いません。

夢さえあれば
どんなことでも面倒だとか
大変だとか思わなくなる
といいますが

そんなことはないです。

現実は面倒は面倒だし
大変は大変です。

彼は夢を現実にするために
面倒なことだろうが
大変なことだろうが
相手のためにやり続けてきました。

だからこそ
お客様を含めた関係者全員の席で
最高に盛り上がることができたのだ
と思います。

昨夜の彼は輝いていたし
10周年を祝う300人の心は
一体となっていました。

その彼の名前は
「末廣徳司」さんです。

当店で年に2~4回くらい
受注会や講演をしてくれています。

彼の作るスーツは
魔法のスーツと呼ばれています。

スーツの注文を受けるときに
相手の魅力を
存分に引き出してくれる提案を
してくれるからです。

そのおかげか
各界の有名人や経営者など
3,000人の顧客から
絶大な信頼を得ている人なのです。

中には持っていたスーツを
全部捨てて

すべて末廣さんのスーツに
入れ替えたお客様もいます。

実は次回の末廣さんの
リーガルシューズ岡崎店
への来店日は
4月6日(土)です。

彼の注文の受け方は特別で
一人1時間位の時間をかけて
じっくりと
仕事や家庭などの話を聞き

その上で最適なスーツを
提案してくれます。

ご依頼は事前予約制ですので
もしご興味のある方がいたら
ご予約になってみてください。

きっと、これまでにない
面白い体験ができると
思いますよ。

もじゃのバレンタインライブ今夜開催!

こんにちは
本日バレンタインライブを行う
リーガルシューズ岡崎店
の尾崎です。

行うといっても
私が歌うわけではありません。

フォークライブ界では
けっこう有名な
もじゃこと大柴広己さん
のとっておきのライブです。

毎年岡崎で歌ってもらい
今年で5年目になりました。

もう7年くらい前でしょうか。
私が
ボーカロイドの曲を聞いていたら
けっこう心に残る曲がありました。
それがこれです。

元の曲はなんだろうと調べたら
大柴さんの曲でした。
そして、この曲は
多くの人にカバーされ
人気の曲だと知ったのです。

大柴さんのオリジナルバージョン

この曲は
メジャーでの発売が
決まっていました。

ですが
レコード会社経営者の横やり
(歌詞を変えろと言われた)
があって
どうしても決着がつかずに
発売中止
となってしまった曲なのです。

こんなに良い曲なのに。

大柴さんは
安易に売れることを
良しとせずに
信念を貫くことをしました。

その後
あちこちで歌っているうちに
だんだん賛同者が現れ

ネットでPVをアップしたり
上記の初音ミクが歌ったりと
知られていくようになりました

また、この曲をカバーをする人
もどんどん増えて
100万回以上も再生される人
も出てきました。

もちろん
それ以外にも数多くの曲を書き
自分でレコード会社も立ち上げ
全国のライブハウスで歌う
という活動をしています。

最近では
CMの曲を書いたり
FMにも
パワープッシュかかったり
ビレバンでも
CDが売れていたりと
名前が徐々に
知られてきています。

とにかく
この人の曲は
胸を打つものが多いです。
そして
ライブの素晴らしさも
こればっかりは
観ないと分からない
迫力があります。

なんで靴屋なのにこんなこと
(毎年のバレンタインライブ)
をやるのと聞かれますが
良いものは
世の中に知ってほしいし
広めたいからとしか言えません。

世の中に楽しくて
幸せになれるものを
どんどん伝えたいのです。

正直、お金ではありません。
利益は全くの度外視なのです。

バレンタインの今夜だから
ぜひ聞いて欲しいライブなのです。

今なら、まだ席はあります。
詳しくはリーガルシューズ岡崎店
(0564-23-9261)
または居酒屋じゃない!
(0564-23-7552)まで

バレンタインの夜に
心を楽しくしましょう!

靴磨きを楽しもうぜと思うお店です

こんにちは
今日は弊社の取締役と
話をしていて
彼は「靴磨きは道だ!という
セミナーを受けてきた」
のだそうです。

「道」ってのは
なんというか靴磨きをしていると
無になれるとか
精神を鍛えるとか
座禅みたいなものとか
まあ、そういう世界に
いざなってくれるもの
という考えらしいです。

茶道とか剣道みたいな感じ?
にスピリチュアルな付加
をしているらしいです。

どんなものにでも
精神性を求める
日本人ですから
まあそれはそれで良い
のですが
単に靴をキレイにする
だけですからね?

そりやなにごとも
集中すれば無になれるし
無心に磨いて
靴が輝くようになれば
達成感もありますが
あま祭り上げるのも
どうかという話です。

現役の靴屋として
ちゃんと靴を磨くことの
良さを広めたい
と思っている私が
言うのもなんですが

そんなたいそうな物事にする
必要はナッシングです。

むしろ、「道」にしちゃうと
「極める」とか「達人」とか
なんかそんな話になっていきますが
気楽に取り組んで良いんですからね?

ちょっと時間が10分空いたから
靴でも磨くか
くらいな感じがちょうどよい
かと思います。

昔の靴磨きのイメージはこれですが、

今はこれですからね。

それはそれで
業界のイメージや健全化のために
頑張ってきていただいた
皆さんの努力の結果ですから
凄いなあと思いながら
見ていますし
ぜんぜん素晴らしいことだ
と思いますが
ぶっちゃけそんな大げさにして
かえって
近寄りがたいものにしていないか?
などと思うわけで。

なんだか
精神性的なものを求め始めると
、お香かなんかを炊いて
水ごりで身体を清めてから
和服姿ででおもむろに
「うむ…これは」
かなんかいいながら
手元の靴を
正しい所作で取って
静かに靴を磨く
ようになっていきそうですが
そんなんじゃないですからね。

そんな刀みたいなものじゃない。

たかが靴磨きを
ちょっと楽しんで
やりましょう
と気楽に構えるのが
吉だと思います。

長々と書きましたが
そんなお気楽極楽な
靴磨き教室を
リーガルシューズ岡崎店で
4月13日(土)の19時半より
行うことが決定しました。
ご予約は先着6名様です。

今までこのセミナーを
受けたことがなく
新たに受けたい
という方を優先します。

詳しくは
リーガルシューズ岡崎店
(0564-23-9261)までどうぞ!

愛のある夜のバレンタインライブについて

こんにちは!
昨日は近くの都市の
靴の修理をやっている
お店に行って
ちょっと話をしてきた
リーガルシューズ岡崎店の
尾崎です。

少し名の知れた都市には
意外に靴の修理をやっている
独立店があるものです。

そういうお店は
リーガル以外の靴でも
きちんと縫い込んで
底の張替え修理
もしてくれます。

当店のお客様が
ぜひ一度行くといいよ
強く勧めてくれたので
なにかできることはないかと
見に行った次第です。

いずれ、この店と
何かで繋がることが
できたら良いな。

さて

世の中にはいろんな方がいます。
日常のほとんどを旅して過ごし
日本どころかアジアの街にも出かけ
夜になれば
その街のライブハウスに出演し
翌日にはまた次の街に移動する
という人も結構いるものです。

昨年紅白に出た
竹原ピストルさんなんかも
そういう人です。

いまはどうかはわかりませんが
何年か前までは全国に移動して
地方都市でライブ活動を
やっていました。

私も名古屋のライブハウスに
見に行ったものです。

大柴広己さんも
そういう方々の一人です。

日本中のあちこちへ出かけ
年間200回以上のライブ活動
を行っています。

そして自分で
レコードのレーベルを立ち上げ
さらに年に1回
シンガーソングライターのフェス
を行っています。
https://spice.eplus.jp/articles/198260

私が最初に大柴さんを知ったのは
ボーカロイドのこの曲を聞いた時に
もとの歌はなんだろうと思ったことから。

個人的にかなり気に入った曲だったので
ちょっと調べてみました。
そしたら、ヒットしたのがこれ

実は大柴さんはこの曲で
メジャーデビューが
決まっていました。

ところが直前で歌詞を変えろと迫る
レコード会社の経営者と喧嘩して
それでは自分の曲にならないと
契約解除をしたのだそうです。

そして全国のライブハウスを
回っているうちに知名度が上がり
自分のレーベル(レコード会社)
を立ち上げました。

自分だけでなく、すべての
シンガーソングライターの
活躍のために活動していく
という強い信念を持った人
なのです。

ボーカロイドに曲を提供し
オリコンチャートで2位を取ったり
自身の曲が大阪のFM局で
ヘビーローテーションになったり
着実にファン層が広がっています。

私が「この人の曲が好き」という
それだけの理由で
「岡崎でライブをやってくれませんか」
とお願いしたのが5年前です。

どうにかして
大柴さんのメールアドレスを知り
ドキドキしながらメールをしました。

こちらのことを全く知らない
ミュージシャンにいきなり
仕事のメールをするわけですから
無視されてもおかしくないわけです。

そうしたらすぐに
岡崎でライブをしても良いよ
と快諾をいただきました。

人の縁ってこういう唐突なつながり
もあるのだなあとつくづく思います。

とはいえ
ライブハウスを持っている知り合い
なんていないので、どこでやろうかと
いう問題があります。

でもあてはありました。

この頃、知り合いのアメリカ人が
ビールの醸造をしていましたが
(ちゃんと許可は取っています)
その人のピザ屋の2階を使って
ライブが行えそうだったのです。

それにそのアメリカ人のクレッグは
ミュージシャンでもあったので
PA機材もあります。

ちょうどこの年、彼のビール会社が
認可されて最初のビール(名前は家康B)
の味を決めるイベントを
家康の誕生日の12月26日に行う
ということなので
この日にライブをお願いしたのです。

https://tanoshiiosake.jp/4220

その後毎年大柴さんには
このお店でライブを
やってもらっています。

2回目からは毎年
バレンタインデー(2月14日)に
岡崎ライブをやってもらっています。

マイクロブルワリーの
ビールとピザと良い音楽を
バレンタインデーにカップルで
味わってもらいたいという想いからです。

実に、これが良い感じなんですよ。

2018年は岡崎市の子供ギタリストと
共演をしてもらいました。

これは第2回のライブの時の動画です。

5回目となる
今年のバレンタインデーは
久々に大柴さんのソロライブを
やってもらいます。

2時間たっぷりもじゃライブ
(大柴さんのニックネーム)
です。

ライブチャージは3,000円
他にドリンク一杯がミニマム
となっています。

お酒が飲める人は
アメリカ人のクレッグが作る
クラフトビールをぜひ
飲んでみてください。

これも美味いですから。

チケットは

リーガルシューズ岡崎店

または、東岡崎駅前の
「居酒屋じゃない!」で

販売しています。

https://www.facebook.com/events/271092576881078/

その場にいる皆と
感動を共有できる
バレンタインデーにピッタリの
ライブです。

ご興味のある方は
お問い合わせくださいね。
絶対に損はさせません。

リーガルシューズ岡崎店
電話 0564-23-9261
までどうぞ!

リーガルのクリスマスウィークは明日まで!

メリークリスマス!
12月24日のクリスマス・イブになりました。
リーガルシューズのクリスマスウィークは
明日までになります。

1万円以上のお買い上げで
オリジナルのテディベアか、
リーガルクラブのポイントを2倍
プレゼントしています。

まだ、テディベアのブーティーくんも居ますので
安心してお立ち寄りくださいね!