会社が存続する上で最低限のお約束

こんにちは
インフルかかって
歯も痛くなってきた
リーガルシューズ岡崎店
の尾崎です。

一気にいろいろ来て
どうなっているんだ
オレの体は!

普段からの
リスク管理の問題です。
反省しています。

そんなリスク管理ですごい話が

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00010001-reutv-bus_all

仮想通貨交換会社の経営者しか
パスワードを知らなかったため

経営者の急死で
顧客の預かりコインすべてを
引き出すことが
できなくなってしまった
というもの。

まあ、たしかにそんな
マスターキーみたいなものを
多くの人が知るのは
なんだかとてもまずいけどさ。

他に誰も知らないというのは
もっとまずい話でしょうに。

コカ・コーラ社は
そのレシピをそれぞれの役員が
少しずつしか知らなくて
全部を書いたものは
アトランタの銀行で
厳重に保管されている

となんかの本で
読んだことはあるけど

まあ、少なくとも
誰かの死によって
唯一のレシピが失われる
ことはないようには
なっているみたいです。

この金庫に収められているんだそうで

弊社も私が急死したら
このブログを始め
何がしかのパスワードは
失われるものの

経営の根幹に関わるような
モノと金は
復旧できるようには
しているつもりです。
多分…。

動画でも言っていますが
経営者の死に方が
インドで病死とか
公表の仕方が
会社側のホームページによる
発表のみだったりと

まあ、ちょっと「ほんとか~?」
と疑われるような内容なので
そこから先は
また別の結論になりそうな
気がしますが

公表された部分だけを見たら
セキュリティ以前の問題
のような気がします。

死人に鞭打つようで
申し訳ないけど
こんな人に
会社やらせちゃ
まずいだろうと。

本当にお客様のことを
考えるのだったら
あらゆる事態を
想定すべきだし
その事態の中の最大のものは
経営者が失われたときに
どうなるかだと思うのです。

前にも書きましたが
会社(店)がなくなるのが
一番の顧客不満足です。

ましてや今回は
預かり資産の消失です。

あってはならないことが
起こったわけで。

当社に関して言えば
もし私になにかあっても
多少の縮小や
不便はあるかもしれませんが

リーガルコーポレーションや
優秀なスタッフのおかげで
お客様に大きな迷惑をかける
ことはないでしょう。

いや、むしろ今より
良くなるかも…(・∀・)

たまにインフルや
歯痛があるだけで
今の所不安はないですけどね。

どうか安心して
今後共お付き合いくださいませ。